次女と二女の違いは?書類や結婚式、婚姻届での正しい使い分け


次女と二女の違いは何でしょう?
意味に差はあるのか、どう使い分けるものなのか、意外と知りませんよね。

願書や履歴書などの書類から、結婚式の招待状や婚姻届、出生届など、シーン別の使い方をまとめてみました。
もちろん言葉の意味についても触れていますので、気になる方は良かったら目を通して見て下さい。

「じじょ」の漢字で悩んだときの参考にしてもらえればと思います。
次男と二男の違いに関しても同様に考えてみて下さいね。

スポンサーリンク

次女と二女の違いは?どう使い分けるのか?

次女と二女の違い、ふとした時に疑問に思うこともありますよね。
どう使い分けるべきなのか、正直なところよく分からないという方も多いでしょう。

ただ、「次女」も「二女」もその意味に差はありません。
辞書などでも『じ‐じょ【次女・二女】』のように同一で表記されていることが多いですし、どちらも『二番目に生まれたむすめ』という意味になっています。
ですからどちらかを使うと間違いである、というわけではないんですね。

限定されたシーン別の使い方は後で詳しく説明しますが、少なくとも友達との何気ないやりとりなどの中では、どちらを使おうが問題ありません。
もし意識するならば、改ざんされて困る文章には「次女」を用いるとよいかもしれませんね。
「二女」の場合、「二」から「三」に変えることが出来てしまうかもしれませんから。
滅多にこのようなことはないと思いますが、その可能性は頭の片隅に入れておいても損はないと思います。

また、漢字をパッと見たときに勘違いを生まない配慮もあると尚良いですね。
「二女」という言葉は、「一男二女」などの際にも用いられます。
この場合2人の女の子という意味になりますので、2番目の女の子とは少し意味が違ってきます

普段はどちらを使用しても特に問題はありませんが、改ざんされて困る、またはされる可能性がある文章、勘違いを生じさせる可能性のある場面では意識して使ってみるのが良いと思いますよ。

書類は次女と二女どっちで書けば良い?願書などはどうする?

書類に「じじょ」と記入する場合、次女と二女どちらの漢字を用いるべきなのでしょうか?
入園願書や入学願書、履歴書など、さまざまな場面で続柄を記入しなければならないケースがあると思います。
特に大事な書類であればあるほど悩んでしまいますよね。

書類の提出先が学校や一般企業である場合、次女と二女、どちらでも構いません。
構わないというか間違いではないのです。
「じじょ」という言葉でこっちを使わなくてはならないというのは、ごく限られた場面だけですからね。

ですがどちらにしようか悩んだのであれば、書類に書くときは「二女」のほうがおすすめです。
というのも実は、「戸籍法施行規則」というのがありまして、戸籍に関する書類などは「二女」でなくてはならないと決められています。
したがって、その他書類に関してましても、より良い印象を与えるならやはり「二女」のほうが良いのではないでしょうか?

書類によっては「次女」でも問題はありませんが、戸籍など役所に提出する書類は基本的に「二女」と記入すると覚えておきましょう。
「次女」と記入すると訂正を求められることもありますよ。

重要書類は出来るだけミスも訂正もしたくないですよね。
提出先が役所でなければ「次女」と「二女」どちらの表記でも間違いではありませんが、正式な書類というか大事な書類は基本「二女」で統一してみてはいかがでしょうか?
参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

結婚式は次女か二女か?婚姻届はどうする?

結婚式といえばおめでたい場ですが、ここでも「二女と次女」で悩んでしまうことがあると思います。
順に考えて行きましょう。

まず婚姻届に記入する続柄は、次女と二女どちらの漢字を用いるのか?
こちらは役所に提出する公的な届けになりますよね。
「戸籍法施行規則」というものがあると話ましたが、それに従いこちらは「二女」と記入する必要があります。
出生届なんかも同様に二女と記入しましょうね。

では結婚式の招待状や案内状はどうなのでしょうか?
こちらは役所に提出する書類ではなく、親族や友人に宛てるものですよね。
したがって正解というのはありません。
次女でも二女でも好きな方を使用して問題ないでしょう。

参考例として、長女と二人姉妹の場合などは「次女」、さらに下がいるのであれは「二女」にしておくなどの使い分けもあるようです。
戸籍などは「二女」ですが、近年ニュースなどでも「次女」と表記されることが多々ありますし、どちらでも受け入れられるのではと思います。

ただ、結婚式というのは夫婦で行うものですから、新郎側新婦側で差は付けないのが望ましいですね。
新郎新婦の二人で話し合って、表記は統一しておくのがベターだと思います。

ささいなことではありますが、気にされる方もいらっしゃるかもしれませんから。
後々、しまった・・・!なんてことにならないよう、事前に決めておくと安心ですよ。

次女と二女はどっちが正しい?まとめ

次女と二女、ふとしたときに疑問に思うこともありますよね。
戸籍関連で役所提出の書類は二女ですが、それ以外は絶対的な決まりというのはありません。

意味にも明確な区別はありませんし、場面場面で使い分けてみてはいかがでしょうか?
これらは次男と二男にも言えることですし、普段からどのような場でどう使い分けをされているか、意識してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。