年賀状を出さない理由は?新年の挨拶の在り方とは?


年賀状を出さないという人も近年珍しくありません。
一体どのような理由からそのような人が増えてきたのでしょうか?

また、その場合新年の挨拶はどのようにしているのでしょう?
時代による変化を知っておくのも良いかもしれませんね。

まとめてみたので気になる方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

年賀状を出さない人が増えてきている?実状は?

一昔前であれば当たり前のように出していた年賀状も、その枚数は年々減っているという方も少なくないと思います。

実際年賀状のやり取りに関しては、若い世代を中心に年賀はがきでのやり取りはしないという人も多く見られますね。
少し寂しくも感じますが、時代の移り変わりなのかもしれません。

 

しかしその一方で年賀はがきのやり取りは毎年欠かさず行なっているという方もいらっしゃいます。
1枚1枚全て手書きでという方は少なくなっていますが、年賀状そのもののやり取りは決してなくなってはいません。

新年の挨拶という特別なものであるからこそ、丁寧に年賀はがきという形で行いたいという方もいらっしゃるのでしょう。

 

このように新年の挨拶に年賀はがきを用いるかどうかは世代によって差があるように感じますね。

やはり長年年賀はがきでの挨拶をしてきた人は年賀状を出すという文化を続ける方が多いように思います。

年齢層が若くなるにつれて、年賀はがきのやり取りを行わない人が増えているのではないでしょうか?

 

では年賀状を出さない理由としてはどのようなものが考えられるでしょう?
確認していきましょう。

年賀状を出さない理由にはどのようなものがある?

年賀状を出さない理由としては、どのようなものが考えられるでしょう?
もちろん喪中などの場合は年賀状を出さずともごく一般的なことですので何ら不思議ではありませんよね。

しかしそういったこととは関係なく年賀はがきは使用しないという方も多いです。

 

その背景としては、SNSの発達や、メールまたはLINEなど連絡手段の多様化があげられるでしょう。
つまり年賀状を用いずとも新年の挨拶を出来てしまう生活環境になったのですね。

スポンサーリンク

 

また、年賀はがきを購入し、印刷等をする手間コストが惜しいという方もいらっしゃるでしょう。
年賀状を送る相手が多いほどその負担は大きいですからね。

SNSで複数人に宛ててまとめて挨拶をする場合の方が楽だというのは確かに頷けます。

このように年賀状を出さないというのは通信手段の発達による影響が大きいかもしれませんね。

 

もしくは昔よりも個人情報の取り扱いが厳重になっていることも関係しているかもしれません。
住所などの情報は、防犯など観点からよほど親しくない限り教えたくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

年賀状という古き良き文化を大切にするのも大事ですが、時としてその固定観念に捉われず対応することも必要なのかもしれませんね。

年賀状を出さない場合挨拶は行わないの?多いパターンは?

年賀状を出さない人も増えていますが、その場合新年の挨拶はどうしているのでしょう?
年賀状を出さないからといって新年の挨拶をしないというわけではありません。

 

連絡先を知っている方に対しては、メールやLINEを通して挨拶をされる方も多いです。
もしくはこのような手段と年賀はがきを併用して、相手によって上手く使い分けている方もいるでしょう。

もちろん顔を合わせたときに直接ご挨拶する形にしているという方もいらっしゃるでしょうね。

 

いずれにせよ何も年賀状を出さない=新年の挨拶をする気がないというわけではありません。
中には単純に面倒で年賀状を出さない方もいらっしゃるでしょうが、全てがその限りではないということです。

 

年賀状という形で新年の挨拶を行う方は確かに昔と比べ少なくなりました。
しかしながら新年の挨拶をしなくても良いだろうと思っている方がその分だけ増えたというわけではありません。

新年の挨拶を行う手段として、年賀はがき以外の選択肢を選ぶ方も増えたということでしょう。

 

時代の流れの1つとして、このような形も受け入れていくのが良いかもしれませんね。

まとめ

年賀状を出さない方が増えたのにはさまざまな理由が考えられます。
新年の挨拶もいろいろな形で行われるようになったのでしょうね。

どのような手段で挨拶するにせよ、相手の方に挨拶をしたいという気持ちを大事にしていきたいですね。

関連記事→年賀状に関する記事一覧はこちら

スポンサーリンク


コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました