七五三で3歳の子は草履を嫌がる?歩けない場合や履かない時はどうする?


七五三で3歳という年齢だと、草履を嫌がってしまう子が多いのでしょうか?
自分の子はどうだろうと心配される方も多いかも知れませんね。

そもそも子供が草履を嫌がってしまう原因とはなんでしょうか?
親としてしてあげられることがあるなら配慮してあげたいものです。

七五三に関する3歳の子の履物についてまとめました。
参考までに目を通してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

七五三で3歳の子は草履を嫌がることが多いのか?

七五三で着物を着せた際、3歳ぐらいの子だと草履をちゃんと履いてくれるのか心配ですよね。
実際のところ、やはり草履を嫌がる子は多いようです。

普段履く機会は少ないですし、慣れていないというのは理由として大きいですよね。

また、歩きにくいというのも1つの理由としてあげられます。
少し歩いただけでもスポスポと脱げてしまうことが多いですからね。

履くこと自体を嫌がらないのでしたら抱っこという手もありますね。
着崩れなど多少気になるかもしれませんが、ぐずって泣いての状態になるよりずっと良いです。

せっかくのお祝いの場なので、子どもにとって楽しい思い出になるようしてあげたいですね。

七五三のとき草履では歩けない?当日までに出来ることは?

子供が草履を嫌がる要因としては、鼻緒に慣れていないというのが大きいです。
確かに3歳くらいであれば中々履く機会がなくてもおかしくはありません。
大人でもめったに履かなかったりしますからね。

しかし逆に言えば、少しでも慣れさせておけば当日草履を嫌がってぐずったりすることが少なくなるかもしれないということです。

七五三の日を迎えるまでに、ゴム草履のようなもので鼻緒になれさせておくというのもひとつの手ですね。
七五三で履く草履とは全然違うかもしれませんが、草履に対する抵抗は少なくなるかと思いますよ。

スポンサーリンク

七五三用の草履は可愛くて華やかなものも多いです。
女の子用でしたら尚更ですね。
その見た目自体は気に入って喜ぶことも多いので、履いたときの違和感さえ和らげてあげれば嫌がらずに履いてくれるかもしれませんよ。

着物に合わせるならばやはり草履が1番ですし、子供が嫌がらなくてすむように少し努力してみてはいかがでしょうか。

七五三で草履を履かないのはありか?どうしてあげるべきなのか

七五三の際に草履を嫌がってぐずるのか、それとも喜んで履いてくれるのかは分かりませんよね。
まだ幼いですから当日の気分次第ということもあるでしょう。

親が出来る配慮としては、やはり歩きやすい靴も用意しておくことでしょうね。

子供が嫌がるようなら無理に草履を履かせる必要はありません。
せっかくのお祝いなのにずっと泣いていて嫌な思い出になってしまうのでは可哀想です。

子供が草履を嫌がる場合、写真撮影の時以外は履き慣れた靴を履かせてあげても良いのではないでしょうか?
主役の子供が楽しめ良い思い出になることが何より大事です。

写真撮影の時にすら嫌がって履いてくれなかったとしても、それはそれで良いと思いますよ。
後で見たときに「草履を嫌がってどうしても履いてくれなかったんだ~」と微笑ましい思い出話になるでしょう。

草履の履く履かないを状況に応じて使い分け、良い記念になるようにしてあげてくださいね。

まとめ

3歳という年齢では、草履のような履き慣れないものは嫌がることも珍しくありません。
泣いてばかりの嫌な思い出になってしまうのなら、草履は最低限の時だけにしても良いかと思います。

子供の気持ちをなるべく優先して、良い思い出になるようにしてあげて下さいね。

関連記事→七五三に関する記事一覧

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。