読書感想文の書き方 会社から課題として出された場合の構成やポイント


読書感想文と言えば学生の宿題だというイメージが強いですか?
近年企業によっては課題として読書感想文の提出を求めるところも少なくありません。

しかしながら読書感想文というのは苦手な人にとってはとても難しいものですし、そうでなくとも社会人として会社に提出しなければならないとなると緊張しますよね。

学生時代の読書感想文と、社会人として求められる読書感想文にはどのような違いがあるのでしょうか?
課題の目的を考察し、社会人として中身のある読書感想文が書けるよう努力しましょう。

内容や書き方についてもまとめてみましたので、悩んでいる方は参考にしてみて下さいね。

内容以前に社会人の読書感想文向けフォーマットなどを知りたい方はこちらをどうぞ
会社に提出する読書感想文のフォーマットはどうする?

スポンサーリンク

読書感想文の書き方は会社へ提出する場合どのようなものが望ましいのか?

読書感想文を会社から求められた場合、どのようなことを書けば良いのでしょうか?

まず考えてほしいのは、会社がその読書感想文を通して何を求めているかということです。

学生であれば本を通しての成長や国語力を計るなどの目的が考えられます。
また、原稿用紙何枚分書けるかという量を評価する場合もあるかもしれません。

しかしながら社会人としての読書感想文とはたいていの場合そのようなものは求めていません。

言い方は悪いですが著書そのものの感想など会社としては聞きたくないのです。
その著書の素晴らしいところ、感動したところなんていうものをただ単に書いても良いのは学生時代までだと心得ていて下さい。

会社としては、仕事と絡めた形の文章を望んでいます。
社会情勢や自分自身の経験との対比において、その著書はどのようなことを示唆してくれたのか、そしてそれはどのように仕事に活かせるのか、このようなことを主に述べていきます。

とはいえこれだけ聞いてもなんだか難しくて余計書きづらくなってしまうかもしれませんね。
ですので読書感想文の内容についてもう少し詳しく触れていきたいと思います。

読書感想文は社会人ならどのように構成すべきか?

社会人として読書感想文を求められた場合、ただ本の感想を述べて終わり、ではいけません。

学生でしたらそのようなものが当たり前ですが、社会人として書く読書感想文は自分の仕事と絡めて書く必要があります。

まず読書感想文の内容を考えるに当たって、その本から学び取れることをいくつでもいいので書き出してしまいましょう。
本に付箋を貼っても大丈夫ですよ。

そして次に自分の業務内容や会社での役割を考えます。
こちらも書き出してしまうと分かりやすいかもしれませんね。

それら2つを結びつけることによって、本の感想と自分の仕事を比較するということが書き方としては基本です。

スポンサーリンク

例えば本に難題に立ち向かうときの考え方が書いてあったなら、「自分は今までこうするしかないと思っていた。しかしこのような考え方もあると知り感銘を受けた。今後自分の業務内容にこのように活かしていきたい。」のように最終的に仕事に繋げていきます。

最も書きやすい形としては、仕事、もしくは社会人として自分が未熟である部分や課題を、本を読んでその解決手段を見出した、というような流れではないでしょうか。

この本で自分はこのような影響を受け、それを参考に仕事のこのようなところに活かしていきます、という旨が書かれていれば印象は悪くないでしょう。
つまり何が大事かというと、感想だけでなく仕事と絡めて書く、そして出来るだけプラスの要素、前向きな意思表示をする、ということです。

学生時代の読書感想文と比べると難易度は高めですが、情報を整理して文章にまとめてみて下さいね。

読書感想文を社会人として課題に出された場合のおすすめの書き方は?

社会人として読書感想文を求められた時に絶対やってはいけないことは違う口調の混在です。

内容はもちろん大事なのですが、それ以前に「ですます調」と「である調」が混在していると読みづらい上に違和感を覚えます。

最初のほうは「~です。」という書き方なのに急に「~である。」という言い方に切り替わったら不自然ですよね?
書いている時はもちろんですが、書き終わった後も口調はしっかり確認しましょう。

内容どうこう以前にしっかりと文章を仕上げる能力がないと判断されてはたまりません。

ちなみに社会人として会社へ提出するのであれば「である調」のほうが良いと思います。

「ですます調」が用いられるのは取引先やお客様などとのやりとりの場合であり、書類等で自分の意思表示をする際にはあまり使われませんからね。

参考にしてみて下さい。

まとめ

会社に提出する読書感想文というのは緊張しますよね。

難しいものではありますが、ポイントを抑えて感想を綴ってみて下さいね。

関連記事→会社提出向けフォーマットなど読書感想文に関する記事一覧

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。