インフルエンザの予防接種時期で子供に最適なのは?効果から考えよう


インフルエンザの予防接種で子供に最適な時期はいつでしょうか?
ワクチンの効果が現れるタイミングなどから考えていきましょう。

また、子どもの場合は2回接種する必要がありますよね。
1回目と2回目、それぞれどのくらいの時期がいいのか、効果の持続する期間も含め検討してみましょう。

お子さんの予防接種をいつ頃行うか迷っている人は参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種時期は子供の場合いつが良い?打ってからどのくらい効き目がある?

インフルエンザの予防接種時期は子供の場合いつ頃が良いのでしょうか?
インフルエンザが流行る頃には抗体をもっておきたいですよね。

予防接種を受けた場合のワクチンによる抗体の効果は、3~5ヶ月ほどらしいです。
というのも個人差があるらしく、この期間と正確に言い切ることは出来ないそうな。

私が受診したお医者様によると、半年もすればほとんど効き目はなくなってしまうとのことでしたよ。

効果のある期間に個人差があるものとして、自分や子供がどの程度かなど分かりませんよね。
とするならやはり短い3ヶ月くらいだったとしても、流行のピーク時には抗体をもっておける状態にするのが理想です。

その年によりインフルエンザの流行時期というのは多少異なりますが、12月~2月くらいに猛威をふるうことが多いですよね。
ですからその時期より早く、11月くらいには予防接種を受けるのが良いのではないでしょうか?

ただ、インフルエンザの予防接種というのは受けてから抗体が出来るまでの期間もあります。
その辺りを少し考えていきましょう。

インフルエンザの予防接種時期を効果が出るタイミングから考えよう

インフルエンザの予防接種は、受けてすぐ効果が出るのかというとそうではありません。
実は効果が出るまでに2週間ほどかかるとされています。

子供の場合2回目の予防接種が、流行時期の2週間前には終えていると良いですね。

ちなみに子供の予防接種ですが、1回目と2回目の間隔は4週空いている方がいいそうです。
1回目の予防接種を受けると、約2週間くらいで抗体値が上昇してきて、そのピークが4週くらいとなります。
そのタイミングで2回目の予防接種を受けることにより、長期間抗体が維持できるんだとか。

子供は大人と比べまだ免疫がないですから、このような理由で2回接種するよう推奨されているんですね。

子供ですと発熱したりして、予定していた時期に予防接種を受けられないこともあります。
1回目と2回目の間の期間はそれなりにありますので、少し余裕を持っておくのもありかもしれませんね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種時期として最適なのはいつか?

インフルエンザの予防接種による効果のある期間をふまえて、いつ頃予防接種を受けるのが最適なのでしょうか?
流行時期等も考えて、11月中に接種してしまうのが良いかと思います。
実際この時期に予防接種を受ける方は多いですよね。
遅くとも年内に2回目の予防接種が終わっている状態の方が良いと思いますよ。

時期になるとインフルエンザの流行はニュースになります。
いつ頃がピークになりそうなのかチェックするのも大事ではないでしょうか。

また、流行時期以外に、ワクチンの製造量にも意識を向けておいた方が良いかと。
接種希望者に対して、少なめの製造量の年もあります。

ワクチンの供給不足などを考えても、あまり遅い時期の接種はおすすめできません。
せめて早めに予約しておいて、予防接種は受けられるようにしておいたほうが良いと思いますよ。

まとめ

インフルエンザの予防摂取時期、最適なのはいつ頃なのか悩んでしまいますよね。
子供は2回受けるため余計にタイミングが難しかったりもします。

ご自身の予定もふまえて、なるべく11月中には終えられるようにするのがおすすめですよ。
参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。