初詣は神社と寺のどっちに行くべき?両方行くのはありか?


初詣は神社と寺のどっちに行くべきでしょうか?
また、両方とも参拝するというようなことは許されるのでしょうか?

初詣に関して疑問に思う方も少なくないと思います。
ですからこのような点に関してまとめてみました。

すっきりした気持ちで初詣にのぞめるよう、気になる方は目を通してみて下さい。

スポンサーリンク

初詣は神社と寺のどちらに行くべき?決まりはある?

初詣は神社と寺のどちらに行くべきなのでしょうか?
明治神宮や川崎大師など毎年多くの人が集まる場所を見てみると、神社と寺のどちらでも良いのかな?という気もしますね。

実際のところ、初詣の対象は神社でも寺でもどちらでも良いとされています。

初詣の原型は「年籠り」といい、家長が祈願のため大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣のことでした。
ですから大元をたどるのであれば神社ということになるでしょう。
現在でも地域によっては寺に初詣は行かないというところも多くあります。

しかし江戸時代の末期までには神社と寺の区別なく詣でるようになっています。
神道と仏教の区別は無いと、神仏習合によって神様と仏様は同一視されるようになったのです。
つまり神様や仏様はどちらにしても自分たちを守ってくれる存在と認識されていました。

明治時代初期に神仏分離が行われる前はこのような感じだったので、その名残として神社とお寺に参拝する方がいるものと思われます。
昔の庶民にとっては神様も仏様も同じだと認識していたのですから、そのどちらに参ろうが間違いではないのですね。

現代も神社に詣でる方と寺に詣でる方がいらっしゃいますが、どちらかというと神社の方が一般的かもしれません。
しかし絶対にこちらでなくてはならない、というものではないので、どちらも初詣としては問題ないですよ。

初詣は神社と寺のどっちを選ぶ?決め方は?

初詣は神社と寺のどっちを選んでも構いませんが、その行き先の決め方などはあるのでしょうか?
近くの適当な神社で良いのか、遠方の有名な神社の方がいいのか、など気になりますよね。

出来るのであれば、居住地の氏神様(神社)のところへ行くのが望ましいです。
初詣というのは三が日に地元の氏神様または檀家となっている寺社へ年が明けて初めて参ることを指すという方も多いですからね。

しかし時代の流れもあってか、近年その限りではありません。
三が日ではなく1月中であれば良いというところもあれば、毎年多くの人が集まるような有名な神社やお寺に参るのも良しとされています。
もっと言えば「初詣」はその年に神社やお寺に初めて詣でることを言うので、4月だろうと9月だろうとそこに参るのが初めてであれば「初詣」となります。

スポンサーリンク

行き先に関しては地元の神社や寺に参拝するのも良いですし、祈願したいことがあるのであればそれに関して有名な所を選ぶのもありですよね。
自宅からの方角を考え、恵方にあたる場所にある神社やお寺を選ぶ方もいます。
気持ちの問題ではありますが、やはり少しでも良い1年にしたいという気持ちはありますからね。

間違いという選択肢は特にないので、最終的にはお好きな場所を選んで構わないと思います。
しかし中には時間制限のある神社やお寺もあるので、その点には注意して下さいね。

初詣に神社とお寺の両方に行くのはありか?

初詣に神社とお寺の両方に参拝するのはありなのでしょうか?
縁起が良くないとされるのであればこのような行為は控えたいですよね。

しかしながら初詣は複数の場所にお参りしても何ら支障はないそうです。
神社から神社、お寺からお寺、もしくは神社からお寺などさまざまなパターンが考えられますがこれらは特に問題ありません。

自分がお参りに行きたい場所があるのでしたら、しっかり神様に感謝やご報告をしてくると良いでしょう。

そもそもなのですが、たとえ三が日でなくてもその年初めてそこに参るのであれば初詣なのです。
元日にとある神社に初詣に行ったから、今年はもう他の神社やお寺に参拝はしない、などとはなりませんよね。
場所を変えるたび初詣となるのですから、これが許されないなどということはないのです。

際複数の神社やお寺を回るツアーなんかも催されています。
一般的にダメな行為であればこのようなものはまず企画されませんよね。

複数の神社やお寺を回る行為は、特にNGなものではありません。
参拝したいところがあるのでしたら、せっかくですので足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

初詣はどこに行くべきか悩んでしまいますよね。
選択肢はたくさんありますのでじっくり行き先を決めてみてはいかがでしょうか?

気持ちの良い新年の始まりにできると良いですね。

関連記事→初詣に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。