年賀状をメールやlineで送るのはあり?その判断や文章はどうする?


年賀状と言えばはがきが一般的でしたが、近年ではメールやLINEで送る方も増えてきましたよね。
しかし相手によっては、メールやLINEで挨拶を済ませてもいいものか迷ってしまうこともあると思います。

誰にどんな手段で新年の挨拶をするか、その判断は一体どのようにすれば良いのでしょうか?
またその文章ははがきの場合とは異なるのでしょうか?

メールやLINEでの新年の挨拶についてまとめてみました。
気になる方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

年賀状をメールやlineで済ませるのはありか?

新年の挨拶を年賀はがきではなく、メールやLINEで送る方も増えてきましたよね。
このようなことは一体どのくらい受け入れられているのでしょう?

年賀はがきで新年の挨拶をするよりも、メールやLINEで挨拶をしてしまうほうが手間や金銭的な面からも楽だという意見も少なくありません。
確かにこれも一理ありますが、年賀はがきという古き良き文化で挨拶をしたいという方もいらっしゃいます。

傾向としてはやはり若い世代の方がメールやLINEで挨拶を済ませてしまうことが多いように感じます。
学生の方が年賀はがきという文化から、メールやLINEへの切り替えがしやすいという環境もあるのかもしれませんね。

やはり社会人として年賀はがきのやりとりを1度でも行っていたら、そこからメールやLINEに切り替えるのは中々難しいということもあると思います。
仕事関係や親戚付き合いなどの面から、手間や労力、金銭の問題ではなく、「年賀はがきを使用した挨拶はマナーとして当たり前のこと」として認識されている方もいらっしゃるでしょう。

実際年賀はがきとメールやLINEを併用している方というのは多いです。
相手によってどの手段で挨拶をするか、適切に使い分けているんでしょうね。

メールやLINEを使用しての新年の挨拶はOKか?というと一概に大丈夫だとは言えません。
中にはメールやLINEで挨拶を済ますなど失礼だと認識される方もいらっしゃるでしょうから。

今年からメールやLINEで挨拶を送ろうかな、と考えているのでしたらやはり相手側がそれを受け入れてくれるような方か、しっかりと判断することが大事でしょう。
もしくは事前にお伺いを立ててみても良いかもしれませんね。

自分はメールで、相手の方からは年賀はがきで、となると少し気まずいかも知れませんから。

まずは相手の方がメールやLINEでの挨拶を快く受け入れてくれるかどうか考えて見ましょう。

年賀状をメールで送る?はがきで出すべきかどうかの判断基準は?

年賀状をメールやLINEで送るのか、それとも年賀はがきを使用するのか、併用している方も多いと思いますが、具体的にどのように使い分ければ良いのでしょう?
どうしようか迷うことも多いと思います。

スポンサーリンク

まず今まで年賀状でやりとりをしていた方は、いきなり切り替えるというのは避けた方が良いでしょう。
親しい仲であれば、今年からメールもしくはLINEにしようと思う、と一言告げておくほうが親切ではないでしょうか?

一方で親戚や仕事関係など、ある程度きちんとした付き合いが望ましいとされる相手には、今まで通り年賀はがきを使用するほうが波風が立たず良いかと思います。
必ず相手がメールやLINEでも受け入れてくれると確信がない限り年賀はがきを使用されるほうが無難でしょうね。

ではどのような方にならメールやLINEでの挨拶でも問題ないと認識されるでしょうか?

住所を知らない、または聞くような間柄ではないが、それなりにお付き合いはある」、このような関係にあたる方にはメールやLINEでの挨拶が最適ではないでしょうか?
それなりにお付き合いがある以上、最低限の挨拶はしておいたほうが好印象です。

もちろん顔を合わせたときに直接挨拶をしても良いとは思うのですが、お相手によってはいつ会えるか分からない方もいらっしゃると思います。
もし新年を迎えてしばらく会わずとも、メールやLINEで挨拶を済ませておけば気まずいなんてことはないですよね。

住所は知らないがそれなりに親しい、お世話になっているような方がいる場合、メールやLINEを活用して挨拶をしてみてはいかがでしょうか?
相手との関係性を考え、年賀はがきとメールやLINEを上手く併用してみて下さいね。

年賀状をlineなどで送る場合の文章は?はがきの場合とは異なる?

年賀状をメールやLINEで送る場合、その文章は年賀はがきの場合と異なるのでしょうか?
絵文字やスタンプなどが使える分迷ってしまうかもしれませんね。

基本的には年賀はがきと同じ要領で良いと思います。
親しい人であればそれなりにくだけた内容でも会話のネタになるかもしれませんよね。

ただ目上の方やお世話になっている方に対しては少し気をつけましょう。
メールやLINEといえど新年の挨拶です。
普段はそこまでかしこまった文章を打っていなくても、このような時ぐらいは少し丁寧な文章を心がけた方が良いでしょうね。

もしその挨拶の後、さらにやりとりが続くようであればそこで普段のように少し柔らかい文章にしていくのが良いかと思います。
大事なのは最初にしっかりと新年の挨拶を申し上げることですからね。

年賀はがきやメールやLINE、どのような手段を使うにしても、相手が気持ちよく受け取れる文章になるよう心がけてみて下さい。

まとめ

新年の挨拶をメールやLINEで送っても良いのか、というのは相手によるので一概には言えません。
しかしながら気持ちよく年の初めを迎えられるのが理想的ですよね。

相手の気持ちになって、どのような手段で送るのが良いか考えて見て下さい。

関連記事→年賀状に関する記事一覧はこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。