イラストの構図が思いつかない時の考え方やお題について

イラストを描くのは好きですか?

常に楽しく描くことが出来れば良いですが構図が思いつかず
悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?

私は昔、イラストを描くのは好きだけど、なんだか毎回同じようになってしまう、
どんなふうなものが描きたいか分からないなど、「描きたいのに描けない」ような
状態に陥ってしまうことがありました。

ですから今回はその行き詰まった状態を打破できるよう、いくつか個人的に
おすすめの方法や参考になりそうなことをまとめてみたので
構図に悩んでいる方はぜひ確認してみて下さい。

スポンサーリンク

イラストの構図が思いつかない時にはどうする?

描きたいのに構図が思いつかなくて手が止まってしまう、
そんな時には自分の周りからアイデアを探してみましょう

例えば近くに雑誌はありませんか?
ファッション雑誌やアイドル雑誌など適当なもので構いません。

ファッション雑誌やアイドル雑誌はいろんなポージングをされてますよね。
モデルやアイドルといった職業の方はなんといっても「見せるポーズ」が上手いです。
自分の描きたいイラストが人をメインとしている場合、
とても参考になるのではないかと思います。

また、背景を描く際にも大いに参考になります
モデルさんの撮影されている場所はお店や路上などの自然な場所から
作り込まれた仮想空間のようなセットまでさまざまです。
ステキだな、描いてみたいなと思うようなシチュエーションが
見つかるのではないでしょうか。

もちろんこれは雑誌に限った話ではありません。
普段何気なくみているテレビや映画なんかでもヒントは見つかると思います。
試しに手元に紙を置いて、落書きがてら気になったものを描いてみると
思わぬ気づきがあるかもしれませんよ。

普段は気にかけていなくても、意識してみると思いの外参考になるものも
多いのでぜひチェックしてみて下さい。

イラストの構図の考え方はある?

身の回りに参考になるものがある時は良いですが、
そういうものが無い時もありますよね。

じゃあそんな時になにか良い方法はないのか。
今度は別の視点で考えてみましょう。

スポンサーリンク

一つ目の考え方として、たった1枚のイラストでも
そこにはストーリーがあると思って下さい。

どんなシチュエーションでどんな場所で、なぜそこに居るのか。
これを考えずに描くと矛盾したちぐはぐな絵になってしまう可能性もあります。

ストーリーを考えていけば自然と描きたいものが見えてくるはずです。
シチュエーションにあった表情やポーズ、背景や小物などは
それぞれ違うはずですからね。

また、ストーリーが難しい場合は漠然とでもいいのでこういうものが描きたい!
というのをとりあえず決めてしまいましょう。

自分がイラストで「何を表現したいのか」この部分さえ決めてしまえば
後は広げていくだけです。

こういうものが描きたい!というのは何も難しく考える必要はありません。
「可愛いものが描きたい」とか「かっこいいものが描きたい」というようなものでもいいですし、
「躍動感のあるものが描きたい」「明るい雰囲気が描きたい」のようなものでも構いません。
このようなざっくりしたもので十分です。

そしてこのざっくりした言葉から、連想ゲームの要領で描きたいものを見つけていきましょう

どういうことかというと、「可愛いもの」には何があるのか、
紙に書き出して見て下さい。頭の中で考えるだけでもOKですけどね。

リボンやフリル、お花やアクセサリー、自分の中で思うものなんでもいいです。
これらをヒントに「キャラにリボンをつけよう」とか、「場所はお花畑にしよう」とか、
そんなふうに考えてみて下さい。

私自身けっこうこの考え方をしていました。
連想ゲームのようなものなので楽しみながら考えられますし、
息詰まっているときは意外と役に立つのでおすすめです。

イラストの構図のお題について

構図に悩んだときの解決策として、「お題を利用する」というのもありです。

「お題」は自分で考えてもいいですし、友達や家族なんかに出してもらっても良いですね。
検索してみるとたくさん出てくると思うので調べるのもありです。

思いつかない時のために例をあげると、ポピュラーなお題として季節があります。
「春」「夏」「秋」「冬」、それぞれ全く違うイラストが描けそうですよね。

春なら「桜」や「入学式」、夏なら「夏祭り」や「海」など、
その季節特有のものはたくさんあります。
それらを活かしたイラストを描いてみてはいかがでしょうか。

もちろん季節に限らず「学校」とか「カフェ」のような場所系のお題でもいいでしょうし、
「つまずく」とか「背伸び」とかポージングに関するものでもいいでしょう。

周りの人にお題をお願いしてみると、自分では思いつかないようなものを
出してくれるかも知れないので楽しめるかもしれません。

お題を利用したイラスト制作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

イラストの構図に悩んだときに参考になりそうなことはありましたか。
私自身が実際に助かるなと思った方法を紹介させていただいたので、
良かったら活用してみて下さい。

関連記事→イラストの描き方や考え方に関する記事一覧はこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。