コピックの初心者ならまずは種類を知ろう!買い方やおすすめの色は?

アナログイラストを着色する際、あなたはどの画材を使っていますか?

ポピュラーな画材としてコピックがありますよね。

人気イラストレーターさんや漫画家さんなどに愛用されている方が
多いのでご存じの方も多いと思います。

ただこのコピック、初心者さんが挑戦したい!と思っても
一体どの種類のものをどの程度集めれば良いのか
迷ってしまうのではないでしょうか。

私の経験をもとに参考になりそうなことをまとめてみたので
コピックの購入に迷われているなら一度確認してみて下さい。

スポンサーリンク

コピックの初心者ならまずは種類を知ろう

まずコピックには種類があることをご存じでしょうか?

着色用のコピックにはコピックスケッチ、コピックチャオ、
コピッククラシック、コピックワイド
があります。

この中でイラスト着色の際に主に使われるのは
コピックスケッチやコピックチャオです。

この2つのコピックは両端が、スーパーブラシと呼ばれる細い筆タイプと
ミディアムブロードと呼ばれる太いマーカータイプになっています。
イラスト着色の際にはスーパーブラシを使用する人が多いと思います。

では、コピックスケッチとコピックチャオの差はなんでしょうか。

それはインクの容量です。
コピックスケッチのほうがコピックチャオよりインクの量が多く、
長く使うことができます。
そして色の数もコピックスケッチが全358色、コピックチャオが全180色と、
コピックスケッチの方が多いです。

ただしその分コピックスケッチの方が値段はお高めです。

上記の点をふまえて初心者さんにおすすめなのはコピックチャオです。
同じ予算であれば、コピックチャオの方が多くの色をそろえることが出来ます。

まずはコピックチャオから集めてみて、気に入った色や、
コピックスケッチにしかない色で欲しいもののみ
コピックスケッチを購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コピックの初心者で買い方に悩んだときの考え方

よし、種類は分かった!じゃあさっそく購入だ!と思っても
今度は「どの色を買えばいいの?」という壁にぶち当たるかもしれません。

コピックチャオですら180色もあるのです。
初心者であれば迷ってしまうのも無理はありません。
私もコピックを初めて購入するときはすごく悩みましたからね。

自分の使いそうな色を選べば良いと言われても、同系色でも薄い色や濃い色など
たくさんのものがあります。

そこで一本一本選ぶのが難しいという人はセットを購入するというのも
おすすめです。
12色セット~72色セットまで用意されています。
自分の予算に合わせてセット購入を検討するのも良いのではないでしょうか。

あまり本数の多いセットを購入しても使わない色が多く出てくると思うので、
12~24本くらいのセットを買って他に欲しい色をバラで買うほうが
良いのではないか
と思います。
予算が許すのであれば36色セットもおすすめですよ。

ただセットにはどうしても使いにくい色が含まれていると思うので、
本当に最低限の低予算で始めたいならバラ売りのコピックを購入するほうが
おすすめです。

コピックの初心者へおすすめの色はある?

セットで購入するにしてもバラで購入するにしても、
結局色選びには悩みますよね。

自分がよく使いそうな色、というのは大前提ですが、
そのよく使いそうな色でも似たような色がたくさんあると思います。

これはあくまでも私の感想ですが、基本的には薄めの色のほうが
使いやすい
と思います。

描かれるイラストの種類にもよるとは思いますが、
コピックは重ね塗りをすることができるので
迷ったなら薄い色のほうがおすすめです。

あとコピックには0番のカラーレスブレンダーというものがあります。
個人的にはこれがけっこうお気に入りです。
色というか薄め液のようなものなのですが、なじませたりぼかしたりするのに
使えるので一本持っておくと便利ですよ。

まとめ

初心者さん向けにコピック選びについてまとめてみたのですが
いかがでしたでしょうか。

コピック選びは難しいとは思いますが、とてもキレイなイラストが描けるので
ぜひチャレンジしてみて下さいね。

関連記事→コピックでの塗り方について

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。