猫の夏バテ対策にクーラーは使用すべき?エアコン以外の方法やおすすめの環境とは


夏になると暑い日が続きますよね。
飼い猫の夏バテ対策はしてあげていますか?

昼間などは室内でも温度が上昇し、とても暑かったりしますよね。

夏バテにならないように配慮してあげたいものですが、
どのように環境を整えてあげるのが良いのでしょうか?

部屋の温度は?クーラーは使用する?など、いざ対策しようとすると
分からないこともたくさん出てくると思います。

ですから今回は飼い猫のための夏バテ対策について、
特に部屋の環境に注目してまとめてみました。

参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

猫の夏バテ対策をしよう。室温はどのくらいが理想的なのか。

猫の夏バテ対策として、部屋の温度を調整してあげることがあげられます。

ただし猫は涼しすぎるよりすこし暖かいくらいを好みます。

温度調整にクーラーを使用する際は、設定温度を28度くらいに
してあげるのがおすすめですよ。

とはいえクーラーの当たりすぎも良くないのではと心配になりますよね。

クーラーの使用の仕方としては、30度を超えるような日に
室温を少し下げてあげるつもりで使用する
のが良いと思います。

主に日の照る時間の使用を中心にして下さい。

理想を言うのであれば、1日の最高温度と最低温度の差が
5度くらいの範囲に収まると良い
ですね。

神経質になりすぎる必要はないですが、目安として覚えておいては
いかがでしょうか。

猫の夏バテにクーラーの使いすぎは良くない?おすすめの方法は?

適度にクーラーを使うことは猫にとって過ごしやすい環境作りになると思いますが、
過度の使用には健康面などの懸念も抱きますよね。

ではクーラーを使用していない時はどのような工夫をしてあげると
良いのでしょうか?

まず風通しの良い環境が理想的ですね。
防犯面などを考慮した上、可能であれば窓を開けておくのがおすすめです。

そして大事になってくるのが空気を動かすことです。
扇風機を稼動させて室内の空気を循環させて下さいね。

スポンサーリンク

他にも部屋が暑くなりすぎないようにする工夫として、カーテンは効果的です。

窓を開けたとしても、カーテンは閉めている方が日射しを遮ることが出来て
部屋の温度の上昇を防げます。

30度を下回るような日にはこれだけでも充分ではないでしょうか。

猫の夏バテにエアコンを使うときに配慮すべきポイントは?

猫の夏バテ対策としてエアコンを使用するのは室温調整の手段としては
最も簡単ですよね。

しかしながら猫はどうしても人よりも低い位置にいることが多いですし、
冷気は下に降りていくので寒くなりがちです。

ですからクーラーの効いている部屋と他の部屋を自由に出入り
出来るようにしてあげる
のがおすすめですよ。

猫が寒いと感じたら別の場所に居場所を移せるように配慮してあげて下さい。

自由に環境を選べるようにしてあげることで、猫が夏バテにならずに
より快適に過ごせるようになるのではないでしょうか。

まとめ

夏は室温が上昇し猫も夏バテになりかねません。

元気に過ごしてもらうためにも部屋の環境にはそれなりに
配慮してあげて下さいね。

もし万が一猫に夏バテかも?と思う症状がある時は良かったらこちらの記事をどうぞ
猫が夏バテ?食べないなどの症状が見られるときどうする?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。