赤ちゃんへの暑さ対策を車に乗せる時はしよう!チャイルドシートへの工夫は?


車で赤ちゃんを連れて外出することはありますか?

夏の車内は対策をしていないと、汗が出てきてしまうほど暑くなってしまいますよね。

自分一人なら我慢してやり過ごすことも出来ますが、赤ちゃんがいる場合そうもいきません。

車内の温度はもちろんですが、チャイルドシートなど肌に直接触れる部分も高温になってしまいますから。

赤ちゃんにとって良い環境を作るためには、どのような暑さ対策があげられるでしょうか?

1度確認しておきましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんへの暑さ対策として車に乗せる前にしてあげられることは?

何も暑さ対策をしていないと夏の車内はとても高温になります。

基本的にはいつ外出しても良いように、日頃から駐車中の暑さ対策はしておくほうが良いでしょう。

駐車中はサンシェード等で窓からの日射しを遮って下さい。

全ての窓に対策を施すのが1番効果的ですが、最低限フロントガラスにサンシェードをつけてさえいれば、ある程度の温度の上昇は抑えられます。

ですからこれを駐車の際の習慣としておくほうが良いでしょう。

駐車したのが例え夜でも、次使うのは真っ昼間かもしれませんからね。

もしエンジンスターターなどがついている場合、事前にエンジンをかけ、ある程度冷やしておくといいかもしれませんね。

ただこれはエンジン音などもありますし、お住まいの環境にもよるとは思いますが。

いつ外出で車を使うことになるか分かりません。
日頃から駐車中の暑さ対策はしておきましょう。

車の暑さ対策としてチャイルドシートに出来る工夫はなにか

駐車中の暑さ対策をしても、ある程度の温度上昇は避けられません。

特に車が黒なんかの場合熱を吸収してしまいがちですからね。

となるとやはり、赤ちゃんを乗せる前にチャイルドシートを快適な温度にしてあげることが必要となります。

チャイルドシートを快適な温度にするグッズにはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

手間が少なく簡単なのはチャイルドシート専用の冷却スプレーですかね。
ただし頻繁にお出かけする場合だとわりとすぐになくなってしまう印象です。

そういった面から見て、やはりチャイルドシートに取り付けるタイプのカバーおすすめかなと思います。

中でも「カンガルー保冷・保温やわらかシート」がおすすめです。

保冷剤を使用するのでひんやりすることはもちろんですが、個人的にはこの保冷剤が凍らせてもカチカチにならないところがおすすめする1番の理由です。

赤ちゃんに使用するのに、硬くカチカチになるようなものは危ないですよね。

チャイルドシートの暑さ対策に迷っている方はぜひ1度検討してみてはいかがでしょうか?

子供を車に乗せる時は暑さ対策を。運転開始直後はどうすべき?

チャイルドシートへの暑さ対策をおすすめしましたが、出来れば少しでも早く快適な温度の空間になるよう努力してあげたいですよね。

となると車にこもった熱を逃がすのが大事になってきます。

赤ちゃんを乗せる前に、窓を全開にしてエアコンを強でかけるなどして、車内にこもっている熱を出来るだけ逃がしましょう。

ずっとしめきった空間では熱は逃げてくれません。

また、運転開始直後は冷房の効きがいまいちですよね。

冷たい風が出てくるようになるまでは、窓をあけて運転しているほうが空気が入れ替わり快適な空間になります。

10分くらいしたら窓を閉め、冷房に切り替えると良いのではないかと思います。

まとめ

夏の車内は暑いですからまだ幼い赤ちゃんへの配慮は必須です。
赤ちゃんが快適に過ごせるよう、いろいろ試してみて下さいね。

夏の暑い日の室内での赤ちゃんとの過ごし方も良かったら参考にどうぞ
猛暑日の赤ちゃんとの過ごし方!エアコンやクーラーの使用頻度は?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。