夏の車は暑さ対策が必須!駐車中や運転中はグッズで快適に過ごせる?


車の暑さ対策はしていますか?

夏になると車内の温度はとても高くなりますよね。

車に乗った瞬間から不快感を感じますし、これから車で
外出だというのに汗をかく原因にもなりかねません。

出来ることなら、車内の温度が上昇するのを防ぎたいものです。

実際車の暑さ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

まとめてみたので暑さに悩んでいる方は参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

夏の車の暑さ対策はしてる?シート周りの不快感をなくすには

夏の車内はとても暑いですよね。

車で出かけようにも、シートに密着する部分が座っているだけで
汗ばんでしまうなんてことも。

この不快感をなくすためにシート周辺で出来る工夫は
ないのでしょうか?

まず考えられるのは、夏用のシートカバーに変えることですかね。

カー用品店などに行くと、夏用のシートカバーが販売されています。

編みタイプの通気性に優れたものなどが販売されていますよ。

涼感を売りにしているものなどもあるのでそういったものを
検討されてみても良いかも知れませんね。

また、素材が夏用というだけでなく、ファン付きのシートカバー
もしくはクッション
なども販売されています。

エアコンから出る冷たい空気を取り込んで、座面や腰面から
風を出すようになっているものです。

普通のシートカバーでは、おしりや背中はシートと密着して
蒸れてしまいますよね?

それがファン付きのシートカバーを取り付けることにより
解消されるというわけです。

実際私も使用したことがありますが、汗ばむことはほとんどなく快適です。

ただ商品にもよるとは思いますが、目線がだいぶ高くなる感じだったので
人によっては運転しづらいかもしれません。

その辺を考慮して検討してみて下さいね。

スポンサーリンク

車を駐車中の暑さ対策はどのようなものがあるのか

運転中はもちろんですが、駐車中にも暑さ対策をしておきたいものです。

車内の温度が上昇するのを防げれば、いざ運転するときの
不快感も減らすことが出来ますからね。

車内の温度が上昇するのを防ぐ方法としては、やはり窓ガラスを
塞ぐのが効果的
でしょうね。

ガラス面から太陽の光熱が入ることにより、車内の温度は
どんどん上昇していきますから。

1番対策してほしいのはフロントガラスです。

ここにサンシェードをつけておくだけで、びっくりするほど
車内の温度は変わります。

吸盤タイプで簡単に取り外し出来るものが多く販売されているので、
持っていない方は購入してみてはいかがでしょうか。

さらにできることなら他の窓ガラスもサンシェード、カーテン、
断熱シート
などでふさいでしまうほうが良いですね。

とにかくガラス面への対策を施すことで車内の温度上昇は
ある程度防げます。

試したことのない方はぜひ実践してみて下さいね。

車の暑さ対策グッズを選ぶときのポイント

車の暑さ対策グッズはカー用品店やホームセンターで
わりと簡単に手に入れることが出来ます。

これは暑さ対策グッズに限った話ではないですが、
もし車内のカー用品を購入するなら、色は白っぽいものを
選んだ方が暑さ対策に繋がります。

車へのこだわり等あるかと思いますが、もし色味に迷われたなら
白やベージュ系を選択したほうが涼しいですよ。

黒っぽいものは熱を吸収してどうしても暑くなってしまいます。

特にハンドルカバーなどは黒色だと、夏はやけどしそうなぐらい
熱くなっていることもあります。

もしどれにしようか迷われたなら、色による暑さへの影響も
考慮してみてはいかがでしょうか。

まとめ

夏は車内がとても暑くなってしまうので、暑さ対策はしておくに
こしたことはありません。

さまざまな暑さ対策グッズが販売されていますので、
目的に合わせて検討してみて下さいね。

関連記事→暑さ対策暑さ対策記事まとめ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。