夏は暑さ対策をして部屋を快適に!扇風機の使い方や窓への工夫とは?


夏になると家の中にいても暑くて過ごしにくい
なんてことありませんか?

少しでも部屋の温度が下がり、快適に過ごせるような工夫が
あるならぜひ実践していきたいところですよね。

実際夏の暑さ対策として、どのような方法があるのでしょうか。
いくつかまとめてみました。

簡単に実践できるものもあるので、暑さに悩んでいる人は
参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

夏の暑さ対策として部屋を涼しくする方法は?

夏は家の中といえど暑いですよね。

最も簡単に部屋を涼しくする方法はなんでしょうか?

おそらくパッと思いつくのはエアコンだと思います。

しかしこのエアコン、電気代も気になりますし、使いすぎれば
体調を崩してしまうこともあります。

また、アパートなどを借りている場合、エアコンが無い、設置不可
なんていうところも少なくありません。

機能性としては申し分ないですが、使える環境ばかりではないですよね。

ですがもし、アパートなどで壁に穴をあけるのが禁止だから
無理というのであれば、窓付けタイプのエアコンもありますよ。

窓用エアコンは工事も室外機も必要ないので、アパートでも
設置出来るのではないでしょうか。

検討してみても良いと思いますよ。

基本的には室温を下げようと思ったらエアコンが必要になりますが、
エアコン以外の手段で部屋を涼しくしたい場合、どのような方法が
考えられるでしょうか?

確認していきましょう。

暑さ対策として部屋の扇風機の有効活用しよう

暑さ対策のエアコンがない場合でも、扇風機ならある、
もしくは用意しやすいと思います。

部屋の暑さを和らげたいなら、やはり涼しい風を取り込み、
空気を循環させることが大事
になってきます。

空気を循環させる上で、物の多い部屋などはそれが障害になり
空気の流れを妨げる原因になりかねません。

ですから出来るだけスッキリと片付いた部屋のほうが良いですね。

スポンサーリンク

扇風機の使用法としては、外からの風を取り入れるものとして
使うのがベストです。

つまり1番良いのは外から部屋に向かってかけることです。
夕方など涼しい時間帯であれば充分効果を発揮するでしょう。

しかし外からかけるというのは無理な状況も多いですよね。

そんな時は窓を開けて、その側で扇風機をかけましょう
そうすることで外からの風を取り込むことが出来ます。

もし外の空気も部屋と変わらないぐらい暑いというならば、
凍らせたペットボトルを扇風機の前に置き、風を当てましょう。

ひんやりとした風を作り出すことが出来ますよ。

簡単ですのでぜひ試してみて下さいね。

暑さ対策は部屋の窓への工夫が効果的?その方法とは

暑さ対策として室温を下げる、暑さを和らげる方法をご紹介してきましたが、
そもそも暑くならないように工夫することはできないのでしょうか?

部屋が暑くなる原因として、太陽による光熱が
室内に入ってくることがあげられます。

ですから外からの陽射しを出来るだけ遮りましょう

夏になるとよく見かけますが、窓からの陽射しを遮る手段として
すだれはとても効果があります。

窓の外にかけるだけなので設置も簡単ですね。

すだれが取り付けられないという人はアルミシート
窓に貼るという手段もあります。

ちなみにアルミシートは100均などで簡単に手に入りますよ。

見た目が少々気になる、貼り付けるのに抵抗があるという方は
車用のサンシェードはいかがでしょうか。

吸盤タイプのものも多いので着脱可能ですし、比較的安価に手に入ります。

窓へ日光を遮断する工夫をするだけでも、ある程度の室温上昇は
抑えられますので試してみてはどうでしょうか。

まとめ

室内での暑さ対策の参考になったでしょうか?

あまりにも暑い空間に長時間いると熱中症の原因にもなりかねません。

出来る範囲で暑さ対策を行って下さいね。

関連記事→暑さ対策暑さ対策記事まとめ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。