取引先の新年会での挨拶 来賓としてのマナーと例文


取引先の新年会で挨拶を頼まれた場合、どのようなことを話せばいいでしょう?
来賓挨拶というのは悩んでしまう部分も多いですよね。

マナーを押さえて印象の良い挨拶を心掛けましょう。

挨拶としてスピーチする内容や、具体的な例文、ポイントまでまとめてみました。
良かったら挨拶文を考える際の参考にして下さいね^^

スポンサーリンク

取引先の新年会で挨拶をする場合どのような事を話せば良いの?

取引先の新年会で挨拶をする場合、どのような事を話せば良いのでしょう?
相応しい内容とは一体どのようなものなのか、場が場なだけに考え込んでしまいますよね。

取引先での挨拶、つまり来賓挨拶の場合は、以下のような内容がベターです。

・新年の挨拶
・招いて下さった事へのお礼
・日頃の感謝
・取引先の繁栄を願う言葉
・今後のお付き合いのお願い

どの程度の長さで挨拶をするのかにもよりますが、話を膨らませたい場合『干支にちなんだお話』なんかを足すのがおすすめです。
作成した挨拶文が短すぎるのでは?と感じた場合にはプラスしてみて下さいね。

出来るだけ丁寧な言葉を心掛け、上記のような内容を組み合わせると定番とも言える当たり障りのない挨拶が完成します。
とはいえこれだけでは分かりにくいでしょうから、次は実際に例文を見ていきましょう。

新年会の挨拶 来賓の場合の例文

新年会の挨拶で、来賓の場合はどのような内容が良いのでしょうか?
まずはベターな例文を紹介しますね^^

あけましておめでとうございます。
○○社(自分の会社名)の○○(自分の名前)と申します。
本日は新年の祝いの席にお招き頂きありがとうございます。

○○社(取引先)様とは日頃から温かいお付き合いをさせて頂いており、誠に感謝しております。
おかげさまで弊社も無事一年を終えることが出来ました。

今後も○○社(取引先)様と気持ちの良いお仕事が出来るよう頑張っていく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。
○○社(取引先)様のますますのご発展とご繁栄をお祈り申し上げまして、簡単ではございますが新年のご挨拶とさせて頂きます。
ありがとうございました。

お相手の会社名に関しては「御社」とするのも良いですし、内容次第で「皆様」と表現するのもありです。
とにかく丁寧な言い回しで敬称をつけるように意識しましょう。

なんだか内容が物足りないな?という場合は、具体的な事例を盛り込むと良いですね。
ただ事業の内容などはやはり難しい部分もあるので、干支の話などを入れていく方が無難ではあります。

ねずみの場合例としてはこんな感じです。

干支のねずみと言えば牛の頭に乗ることで移動し、一番に神様のもとへ向かった話が有名ですね。
ずる賢いとも言えますが、その知恵や発想は見習うべきところでもあるでしょう。
今年はさまざまな工夫をこらし、より良い方向へ進んで行けるよう精進していきたいと思います。

来賓の挨拶の場合は、堅苦しいかな?と思うくらいの文章の方が安心です。
ユーモアあふれる受け狙いの内容などは、出来れば身内の新年会の時に取っておいた方が良いですね。

例文を参考に、挨拶文を考えてみて下さいね^^

スポンサーリンク

取引先の新年会でのマナー 来賓挨拶のポイント

取引先の新年会でのマナーはどのような感じでしょうか?
来賓挨拶のポイントを確認しておきましょう。

・上から目線はNG

→あくまでも招かれている達立場ですから、偉そうな言い回しなどは絶対にしてはいけません。
無意識にそのような表現になってしまっていることもあるので、考えた挨拶は第三者に一度聞いてもらった方が安心です。

・所要時間はどれくらい?

→そこまでこだわることはないですが、気持ち的には1~3分くらいでおさめると良いかと。
短すぎると失礼な感じもしますし、かといって長すぎても聞いている側が退屈してしまいますからね。

・「あけましておめでとう」という言葉は適切?

松の内までは「あけましておめでとうございます」という言葉は挨拶として適切です。
(松の内は地域により異なりますが、1月7日まではたいていOK。10日や15日のところも。)

それ以降(1月末など)に「あけましておめでとうございます」と言うのはどうなのか気になる所ですね。
この場合、「新年会のご挨拶を申し上げます」「1月も末となりましたが、改めましてあけましておめでとうございます」と言った表現の方が良いかと。

主催者側の方が、挨拶として「あけましておめでとうございます」を言うかどうか注目して参考にするのもおすすめの判断方法ですよ。

来賓挨拶を行う際には、このようなことを意識してみて下さいね。
失礼の無いように配慮し考えた文章というのは、相手にも必ずその気持ちが伝わりますよ。
印象の良い挨拶で新年会を楽しみましょう^^

取引先の新年会での来賓挨拶まとめ

取引先の新年会で来賓挨拶を頼まれると緊張しますよね。
ちゃんとしたことを言わなければ、と気負ってしまう部分もあると思います。

とはいえ丁寧な文章を心掛ければ、よほどの内容でない限り問題なく終えられるでしょう。
定型文みたいな内容でも構わないので、相手への敬意を払いましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。