卒業式の袴でもぽっちゃりをカバー!細く痩せて見える色柄や着方の工夫とは?


卒業式で袴を着る方も多いと思いますが、ぽっちゃり体型だと少しでも細く見せたいと考えたりしますよね。
痩せて見える袴の色柄はどのようなものなのでしょう?

また、袴の着方や髪型などで痩せて見えるポイントはあるのでしょうか?
せっかくの卒業式、少しでも見栄えの良い袴姿にしたいですよね。

ぽっちゃりさんのお悩みに寄り添った袴選びのポイント等まとめてみました。
良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

卒業式に袴でぽっちゃり体型を少しでもカバーするにはどのようなものを選ぶ?

卒業式に袴でぽっちゃり体型をカバーするにはどのようなものを選ぶと良いのでしょう?
ぽっちゃりが気になるし少しでも細く見せたいなら、やはり袴選びは重要ですよね。

色に関してはやはり引き締まって見える色「収縮色」のほうがおすすめです。
膨張色というのはどうしても太って見えてしまうので、出来るだけ濃い色を選ぶ方が良いでしょう。
寒色系の青、緑、紫など濃いめのものは比較的痩せてみえると思いますよ。

ただそういった色ではなく赤系のものを着たい場合もありますよね。
そのような場合おすすめなのはえんじ色のような濃い紅色です。
色によって似合う似合わないがあると思うので、いろいろ試してみると良いですね。

袴の柄に関しては、小さな柄がちりばめられているようなものより、大柄のものの方がおすすめです。
矢絣ストライプなど縦線を意識したような柄もすっきりとした印象になりますよ。

袴選びに関しては、お店の方に出来るだけ細く見せたいと相談してみるのもおすすめです。
その道のプロの方のアドバイスというのは的確ですよね。

あなたにより似合うそういったものをおすすめしてくれるのではないでしょうか?

袴で細く見せる着方のポイントとは?

袴を着たときに細く見せるにはどうすれば良いでしょう?
実は着方1つで見栄えは違ってくるのです。

ぽっちゃりさんの場合、胸の部分をすっきりみせるだけでずいぶん印象が違ってきます。
和服は寸胴が似合うなどと昔からよく言いますよね。

帯の上に胸がのるような形はあまり望ましくありません。
出来るだけ胸からお腹にかけてなだらかで綺麗な曲線になるほうが美しくみえます。

可能なら袴の時は和装ブラを着用しましょう。
特に胸の大きい方にはおすすめですね。

さらしを巻いている人なんかも見たことがあります。
いずれにせよ胸が帯にのらないようにするのがポイントです。

体のラインが美しく見えるよう工夫すれば、それだけで印象は全然変わります。
当日は姿勢なども少し意識してみるのがおすすめですよ。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

袴で痩せて見えるための工夫!髪型はどうする?

卒業式に袴を着るとなれば、髪型にもこだわることが多いと思います。
ぽっちゃりさんだとフェイスラインが気になる方も少なくないのでは?

輪郭をカバーしたくてフェイスラインを隠す髪型にしたいかもしれませんが、出した方が案外すっきり見えることもあります。
一度鏡の前で試してみるのが良いと思いますよ。

気になる場合フェイスラインをがっつり隠すというよりは、自然に毛束がかかるようなアレンジがおすすめです。
少し毛束が頬横にあるだけでも全然印象が違いますからね。

また、髪を下ろしているより襟足が見えるようなアップヘアがおすすめです。
首から肩にかけてのラインが見えることで、全体的にすっきりと見えますからね。

他に前髪も見た目を大きく左右するポイントの1つです。
斜めに流したりぱっつん前髪を作ったり、いろいろあると思いますが、前髪を完全に上げてしまうヘアはぽっちゃりさんにはあまりおすすめ出来ません。

どちらかというとフェイスラインがシャープに見えるよう斜めに流すような髪型の方がおすすめですね。

好みもあると思いますので、取り入れられるところだけポイントを押さえてみてはいかがでしょうか?
気に入る髪型を選んでみて下さいね。

まとめ

卒業式の袴姿、少しでもぽっちゃりをカバーして細く見せたいですよね。
袴の色柄から、着方、髪型まで痩せて見えるポイントというのはたくさんあります。

全て取り入れる必要はありませんが、気になるのなら少し意識してみるのがおすすめですよ。
素敵な卒業式になるよう準備してみて下さい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。