下駄で足が痛い時の対策は?鼻緒や指に関して出来る工夫は何か?


花火大会のシーズンになると浴衣を着ることが増えますよね。

浴衣に合わせて下駄を履かれる方も多いのではないでしょうか。

しかしながら普段はあまり履かない下駄。
試しに履いてみると痛くてとてもじゃないけどこれで過ごすなんて無理!なんていう事態もありえるのではないでしょうか。

せっかく下駄を持っているのに履くことが出来ないなんて勿体ないですよね。
ですからそんな時に考えられる痛み対策をまとめてみました。

いくつかご紹介するので、履けないと諦める前に試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

下駄で痛い時の対策は?そもそも原因は何か

下駄を履いてみると痛いという場合、考えられるのはサイズが合っていないということです。
履物屋さんに持ち込めば対処してくれるかもしれませんが、ここでは自分で出来る対処法をまとめていきたいと思います。
だって自分で解決出来るのならそのほうがいいですもんね!
まず下駄で足が痛くなる際に多いのが、鼻緒部分がきついケースではないでしょうか。
新しく購入した下駄に足を入れてみると、まるでギュウっと締め付けられるように痛いなんてこともありますよね。

そんな時は鼻緒を引っ張ってみましょう。
ぐいぐい引っ張れば多少緩むはずですからね。
幾分かこれだけでも楽になるはずです。

鼻緒は買った当初の状態では自分の足に合わないこともあります。
というか結構な率でキツいと感じることが多いかと。
ですから引っ張るなどして調整する、というのはまず最初に試してみるのが良いと思いますよ。

下駄の鼻緒の部分が痛い場合の対処法

鼻緒部分が痛くなってしまう場合には、他にも対処法が考えられます。

もし下駄を使用する日までまだ日数があるようでしたら、下駄に足よりも若干大きめの筒状のものを入れておいて下さい。
これだけでも履く当日にはだいぶ改善されるかと思います。

また、自分より足の大きい家族に履いてもらうというのも手ですね。
ただし緩くなりすぎる可能性もあるのでその辺りは注意して下さい。
まずは足の大きさが自分より少し大きいかな?くらいの人に頼んでみるのが良いと思います。

スポンサーリンク

もしそれらでも無理な場合は、指に絆創膏を貼る手段も考えられます。
効果としては期待できると思いますが、やはり見栄えは気になってしまいますね。

ただ痛みが改善されるという点では確かな効果があると思いますので、当日こっそり絆創膏を持っておくのはありだと思います。
どうしても痛くなってしまったとき用、という感じで持ち歩いておいて損はないですよね。
備えあれば憂いなしですから!笑
痛くて歩けない~!と迷惑をかけるより、何倍も良いのではないかと思いますよ。
ちなみに上記は裸足で履くことを前提として提案してきたのですが、下駄用の足袋なども販売されているので、そのようなものを履くというのもありではないでしょうか。
気になる方は良かったらそちらも調べてみて下さいね。

下駄で指が痛くなる場合に確認したいこと

下駄で指が痛くなってしまう場合、もしかしたら履き方に問題があるのかもしれません。
実は下駄が正しく履けていないため、足が痛くなってしまうケースは多いのです。
正しい履き方をしないと指が痛くなってしまうのは避けられませんから、しっかりとここで確認しておきましょう!

知らない方も意外と多いですが、下駄というのは指を鼻緒の奥まで入れてはいけません。
下駄というのは脱げない程度に軽く履くものですから、目安としては親指の関節くらいで十分ですよ。

奥まで入れてしまうと、指の間というか股になっている部分が痛くなってしまうんですよね。
けっこう思い当たる方も多いのではないかと思います。

足の親指と人差し指で挟んで履くような感じが正しい履き方なので、1度自分の履き方をチェックしてみて下さいね。
もしかしたらこれだけで足が痛くならずに済むかもしれませんよ!

下駄で足が痛くならないための対策まとめ

せっかくですから下駄を履いても快適に過ごしたいですよね。
浴衣に下駄という姿はやはり美しいですし、どうしても下駄を履きたいという方も多いと思います。

足が痛くなってしまう原因は何なのか、考えた上できっちり対策をしてみて下さいね。
下駄の悩みを解決して、思い切り浴衣姿を楽しんで下さいね!

関連記事→浴衣に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。