浴衣の時に汗をかかないようにしたい!花火大会でも出来る対策は?


花火大会には浴衣を着たいという方も多くいらっしゃいますよね?

浴衣姿は見た目にも華やかですし、ぜひ機会があれば着用したいもの。

しかしながら涼しげな見た目とは裏腹に、実際着用すると
思った以上に暑いというのが現実です。

花火大会の会場なんかは出店や人混みでより一層暑さが増しますよね。

浴衣で快適に過ごすためにはどのような汗対策があるのでしょうか。
お祭りに行く前にチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

浴衣でも汗をかかないように工夫しよう

浴衣で出来るだけ汗をかかないようにするにはどうすれば良いのか?

まずは着用するもので出来る工夫を考えてみましょう。

浴衣の下に着ているものでだいぶ体感が変わってきます。
汗を吸い取らない素材のものなどはできるだけ避けた方が良いでしょうね。

上半身は、肌襦袢やタオルを着けていればそれなりに汗を吸い取ってくれますし、
すごく不快になるということはないと思います。
どちらかというと下半身の対策のほうが重要視されるのではないでしょうか。

上半身と違い汗で布が張り付くと裾捌きが悪くなります。
普通の浴衣下や裾よけなんかはこういったことが多く見られますね。

私自身1番快適だったのは「麻のステテコ」です。
え?と思われるかもしれませんが、汗も吸い取ってくれますし
布が張り付くのも防げますので非常に優秀ですよ。

試したことの無い方はぜひ試して見て下さいね。

スポンサーリンク

花火大会で浴衣を着ても汗は抑えたい。お手軽な方法は?

浴衣の汗対策で着用するものに関しての工夫をご紹介しましたが、
もうすでに買いそろえてしまっている場合、なかなか実践しにくい
ということもありますよね。

ではもっとお手軽な方法はないのか?

パッと思いつくのはやはり制汗剤ですかね。
運動時などに用いられている点から見ても、汗対策として
非常に優秀なのは間違いないです。

スプレータイプのものから塗るタイプのものまでたくさんありますから
お好みのものを選んで使ってみましょう。

もし、肌に直接つけるようなものが苦手というのであれば
衣類用の冷感スプレーはいかがですか?

浴衣にスプレーをしておくと、かなりひんやりした着心地になるので
暑さ対策としては充分機能するのではないでしょうか。

制汗剤も衣類用の冷感スプレーもとてもお手軽です。
浴衣着用時以外にも使えますし、ぜひ検討してみて下さい。

浴衣のとき汗対策は持ち物でも可能か?考えてみよう

浴衣で花火大会などに出かける際は、持ち物にも配慮しましょう

定番ですが扇子うちわを持っていると、風がないような日でも
あおぐことが出来るので便利です。

汗ふきシートなんかも持っていると、トイレなど人目につかないところで
ササッと拭けて良いかも知れませんね。

後はハンカチに保冷剤をくるんでおくのも効果的です。
それを手に持っているだけでもだいぶ違いますし、顔や首などを
冷やすこともできます。

お祭りの会場はどうしても他の場所よりも暑い傾向にあります。
熱中症対策もかねて小さめのものを忍ばせておいてはいかがでしょうか。

まとめ

浴衣姿はとても暑いので汗対策は必須です。

出来る範囲で対策を施し、浴衣姿を楽しんで下さいね。

関連記事→浴衣に関する記事の一覧はこちら

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。