クリスマスローズの育て方 初心者向けお手入れ方法や日当たり条件


クリスマスローズの育て方はどのような感じなのでしょうか?
初心者さん向けに基本的な情報やお手入れのポイントをまとめてみました。

適している植え方や日当たりの条件など気になることっていくつもありますよね。
まずはお世話をしていく上で最低限の知識を把握しておきましょう!

ぜひクリスマスローズの可憐で華やかな様子を楽しんでみて下さいね^^

スポンサーリンク

クリスマスローズの育て方 初心者が知りたい基本情報

クリスマスローズはまだ寒い時期に見事な花を咲かせる人気の植物です。
育ててみたいかも・・・、と気になっている人も多いのではないでしょうか?

まずはクリスマスローズとはどのような植物なのか、初心者さんが育てる上で押さえておきたいポイントをまとめておきますね。

クリスマスローズは根がしっかりと伸びる植物です。
順調に育てば年々大きくなっていき、花もたくさん咲いて華やかな様子が楽しめます。
小さなポット苗でも2~3年後からはぐんぐん大きくなっていきますよ。

さてそのクリスマスローズの植え方ですが、鉢植えの場合は複数株ある場合でも基本的には単体で植えるのがおすすめです。
一鉢にまとめて植えてしまうと、成長していくにつれて根がきつくなってしまい、負荷がかかりますからね。
根が深く張ることを考慮して、深鉢に植えるのがおすすめですよ。
わりと丈夫な花ですので寄せ植えをしたからと言って枯れるとは限りませんが、大きくなり花数が増えた姿を楽しみたいならあまりおすすめは出来ませんね。

では鉢植えではなく地植えはどうなのか、という点ですが、こちらも向いています。
日当たりなどに関してはこの後詳しくお話しますが、地植えも可能なお花ですので鉢植え・地植え、どちらを楽しみたい方にも向いているお花です。

育てていったクリスマスローズの最終的なサイズ感ですが、鉢なら10号以上くらいになるかと。
ちなみにお花は少しうつむき加減で咲きますので、少し高い場所に置くとよりその美しさが楽しめますよ^^
参考にしてみて下さい。

クリスマスローズの育て方 日当たりはどのような所がおすすめ?

クリスマスローズの育て方で日当たりはどのような条件を好むのでしょうか?
お家の環境などによってはこの辺りすごく気になるポイントですよね。

基本的にクリスマスローズは、夏の直射日光に弱い植物です。
冬は日当たりの良い場所でも大丈夫ですが、夏に強い西日などの直射日光が当たる場所で育てていると夏越しに失敗することもありますよ。

ですが元々林のような木立の株の下の方に咲く植物ですので、わりと暗い日陰で育てていても花が咲く性質があります。
そのため日当たりに恵まれない環境でも咲かせやすいと言えるでしょう。

とはいえやはり適度に日当たりの良い場所の方がおすすめ出来ます。
地植えの場合ですと日当たりの良い庭の落葉樹の下に植えるくらいが丁度いいのではないでしょうか?
夏場は落葉樹のおかげで日陰になり夏を越しやすくなりますし、冬~春にかけて彩りを添えてくれる花というのは少ないので、見栄えもいいですからね。

鉢植えの場合は季節毎に少し置き場を考えてあげると良いかもしれません。
冬はともかく夏にダメになってしまわないよう、直射日光には気を配ってあげて下さいね。

クリスマスローズはわりと丈夫で育てやすいですが、猛暑での直射日光などは厳しいものがありますのでご注意下さい。


スポンサーリンク

クリスマスローズのお手入れ方法 1年間の流れ

クリスマスローズのお手入れ方法はどのような感じでしょうか?
1年を通してどんな感じなのか知っておきたいですよね。

とはいえ比較的手間のかからないお花なので、それほど難しいことはありません。
こんな風にすると美しい姿を楽しめるよ、といったことも含めてまとめておきたいと思います。

クリスマスローズは冬頃花を咲かせます。
そのままにしておくとかなり長い期間楽しめるお花ではあるのですが、種が出来たら切花として楽しんだ方が良いですね。
長い期間咲かせすぎると株が弱ってしまいますので、毎年楽しむためにも適度なところで切花にするのがおすすめですよ。

再び冬が近づいてくる頃にはおそらく葉っぱがたくさん出ていることと思います。
ただクリスマスローズは葉が多すぎるとせっかくの綺麗なお花が隠れてしまうんですよね。
ですから少し葉っぱを切り落としてしまうのがおすすめですよ。
私は1株に5本の葉くらいにカットしていますが、お花がよく見えて美しい姿を楽しむことが出来ています。
とはいえ冬間近には葉を切らないという人もいますしこの辺はお好みですね。

水やりは土の表面が完全に乾いたら行うのが基本です。
ただクリスマスローズは湿っている場所が得意ではない植物ですので、水のやり過ぎにはご注意下さい。
株を腐らせてしまう原因になりかねませんよ。

ちなみにクリスマスローズは適切な時期に植え替えするのが望ましいです。
生育が旺盛なためよく根が張りますからね。
10月~3月くらいが植え替え時期として適しているので、大きさに合わせて鉢のサイズなど変えてあげて下さいね

ざっくりとですが、クリスマスローズのお手入れ方法としてはこんな感じです。
病気や肥料もそこまで心配しなくてよい植物なので、ぜひ育ててみて下さいね^^

クリスマスローズの育て方まとめ

クリスマスローズはガーデニングでも人気の高い植物ですね。
見た目の華やかさはもちろん、育てやすさや冬に花を咲かす点も人気の理由でしょう。

寒い時期に彩りを添えてくれる美しい植物ですので、ぜひお世話してみて下さいね^^
お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。