姑のせいで帰省が憂鬱!旦那の実家がストレスな時嫁は我慢すべき?


姑が嫌で帰省が憂鬱な方って多いですよね。
旦那の実家で嫁としてどう振る舞うべきなのか、難しい部分があると思います。

少しでもストレスを軽減する方法はないのでしょうか?
また、嫁としては嫌なことがあっても我慢するべきなのでしょうか?

GWやお盆、お正月など、義実家への帰省に関して悩めるポイントをまとめてみました。
頭を抱えている人は一意見として参考にしてみてください。

スポンサーリンク

姑のせいで帰省が憂鬱!嫌みを言われた時どうすべき?

姑のせいで帰省が憂鬱な場合、義実家ではどのように振る舞うのが良いのでしょうか?
行くたびに嫌みを言われると言うお嫁さんも多いと思います。

このような場合非常にストレスだとは思いますが、受け流すのが無難な選択ではありますね。
言い返せば揉め事に発展する可能性も大きいですし、そもそも嫌みを言ってくる時点でそのお姑さんの性格も良いとは言い難いですよね。
つまり余計に言い合いなる可能性が高いと言うことです。

右から左に受け流す、くらいの心持ちで良いかと思います。

ですがまぁ言われっぱなしっていうのも正直腹が立ちますよね。
というかぶっちゃけストレスです。
なんでそこまで言われなきゃいけないのと感じるのも当然です分かります。
私も苦ーい記憶がありますから。笑

受け流してばかりでは非常にストレスだと思いますので、上手にやんわりとお返しするというのも一手だと思います。
感情的になりこちらも嫌味っぽく返してしまうとやはり角が立ちます。
ポイントはあくまでも優しい口調で返すことですね!

内容は軽く嫌味まじりのことでもストレス発散として許される範囲だと個人的には思います。
そもそもお姑さんが嫌みを言って来なければいいだけの話ですからね。(真顔)

笑顔でやんわりと返しているだけならば、仮に後でお姑さんに何か言われたとしてもいくらでも言い訳ができます。
言い訳と言うとなんかちょっとアレですが、お姑さんだって嫌みを言ったと責められてもおそらく認めないのではないでしょうか?
嫌みを言うという行為が印象の良くないものだと言うのはよく分かっているでしょうからね。

そのような点から嫁としても毅然とした態度を貫くのが良いですよ。
喧嘩両成敗なんて言葉もありますし、お互い様と思っているぐらいでちょうど良いかと思います。
気を遣って下手に出過ぎると、かえってお姑さんの嫌み攻撃がエスカレートすることもありますからね。

他人を変える、と言うのは難しいです。
つまり姑さんを変えると言うのははっきりって嫁の力では不可能だと考えておいた方が良いでしょう。
嫌みを言ってくるような姑に対して嫁の立場からできることは、自らの対応を変えることだと考えましょう。
下手に出ても相手を付け上がるだけだと思いますので、自分の中で姑の嫌味はさっと受け流せ、上手にかわす能力を身に付けましょう。

帰省が憂鬱 嫁として我慢するのは当たり前なの?

帰省が憂鬱な場合、何かしら嫌な要因がありますよね?
そのような事は嫁としてやはり我慢すると言うのが当然なのでしょうか?
なんだか世間一般に我慢すべきだと主張する声が大きいように感じますが、個人的にはその限りではないと思います。

実際に姑からの嫁いびりで心を病んでしまった方などもいらっしゃるのが現状ですからね。
そんなになってまでその状況に耐える必要があるのでしょうか?
私はそんな状況なら逃げ出すのも声を上げることも許されるべきではないかと考えます。

ただやはり勇気がないと言う方もいらっしゃると思いますし、できればことを荒立てたくないと言うのもありますよね。
姑とはうまくいかなくても、旦那とは仲の良い関係を維持したいと思うお嫁さんは多いでしょう。

とはいえギスギスした姑との関係を良好にするのははっきりってかなり難易度が高いです。
もともと良好な関係ならともかく、すでに仲が悪い場合、良くする努力すらしたくは無いと言う気持ちも少なからずあるかと。

では何ができるだろう?と考えたとき、1番にすべきは旦那を味方にすることではないでしょうか?
姑と揉めた時に旦那が自分の味方になってくれるかなってくれないか、というのは大きな差がありますよね。
無関心で口を出さない旦那さんと言うのも世の中多いのですが、できればうまくフォローしてほしいと思いませんか?
私は思います!!(大声)

とは言え夫も自分の母親の悪口を言われたら最もいい気はしないでしょう。
ですからここは冷静に、こういう時はフォローしてほしいなぁとか、なんて答えていいかわからないから少し助けて欲しいなぁとか、あくまでもお願いすると言うスタンスがおすすめです。

姑が息子の前ではあまり嫌みを言ったりしないって言うタイプであるのなら、できるだけ一緒にいてもらうように頼んだりすると良いかもしれませんね。
姑と2人が気まずいとは伝えづらいでしょうから、なるべく良い関係が築けるよう上手にお話ししていきたいから、あなたも一緒に話して欲しいの、困った時はフォローしてほしいの、といった風にお願いしてみてはいかがでしょうか?
旦那には、姑が嫌いと言うニュアンスではなく、より良い関係にしていきたいからあなたにも協力してほしいといったニュアンスでお願いするのがおすすめです。

ただそのようなことをしてもフォローに回ってくれない、自分の母親をかばうといったような旦那さんであるのなら、現実を突きつけても良いかもしれません。
姑に言われた嫌みを録音する、メモするといった手段もありますし、いざと言うとき自分はこんなことを言われている、こんな扱いを受けていると言う証拠にもなりますので、記録しておくのはありだと思います。
どうしても辛く耐えられなくなったときに、こんなこと言われるから義実家には行かないと強く出られるかもしれませんし、たとえ旦那がそれで納得してくれなくても、自分の両親はそれを聞けば味方してくれるかもしれません。
助けてくれる友人もいるかもしれませんから、きつい仕打ちを受けているという証拠は残しておいて損はないと思いますよ。

理不尽なことに我慢して耐えていると、辛くて自分の心がおかしくなってしまいそうなこともあると思います。
いつでも反撃に出れる姿勢と言うのは、心の支えになる部分もあると思いますので、表立って言い返す勇気はなくとも水面下でこっそり反抗してみてはいかがでしょうか?
義実家に行かないと言う選択肢も当然ありますからね。
旦那との関係があるので難しい部分があるとは思いますが、夫婦関係を壊したくないと言う部分ではお互い同じだと思いますので、旦那さんとは協力して良い方向に導けると良いですね。

スポンサーリンク

旦那の実家への帰省がストレス!少しでも楽になる考え方は?

旦那の実家への帰省がストレスの場合、少しでも楽になる考え方は無いのでしょうか?
一方的にきついことを言われている、嫌がらせをされているといった状況は精神的にかなりくるものがありますよね。

そのような状況の場合、何かしら自分の心の支えになるものや、そういった考え方のようなものがあると少しは救いになると思います。
姑の言う事は基本的に流しているだけで真に受けないし相手にもしない、自分のことを言われていても他人事のように捉えるようにしているなんて人も聞いたことがあります。
姑の嫌味を聞くバイトなんだといった考え方をする人もいるようです。

最終的なところとしては、別に行く行かないは私の自由なんだからな!と心の中では強気で入るのがいいかもしれませんね。
なんとなく結婚したからには義実家にも行かなくてはならないと言う認識があるかもしれませんが、嫁姑問題の末、義実家には顔出さなくなったと言う話も普通にありますからね。
しんどい思いをしているお嫁さんには覚えておいて欲しいのですが、義実家に顔を出すのは嫁の義務ではありません
いつでもそんなものは断れるし放棄できます。

考え方や気持ちの持ち方としては、私がわざわざ家庭のために実家に顔出してやっているんだからな位の強気の姿勢が良いと思います。
心の中でまで弱気でいると、どんどんどんどん状況が悪化する方に運んでしまうケースもありますからね。
自分に否がないのなら、何も引け目を感じることはないんですよ!

もともと姑が自分のことをよく思っていないようであれば、ぶっちゃけ今更角が立つだとか気にする必要もありませんよね。
もうとっくに関係はブラックな感じなのですから。笑

自分の意思を押さえ込み我慢するお嫁さんが世の中多いですが、あまりにも理不尽な場合には自己主張をすることも大切ですよ。
意見を述べることで状況が変わると言う事は充分あり得ますからね。
まずは自分を理解してくれそうな人に相談してみるなり話を聞いてもらうなりしてはいかがでしょうか?
身近に味方がいると言うのはとても心強いですよ。

帰省時に嫌味な姑への対処法まとめ

帰省のたびに嫌味を言ってくるお姑さんて、嫁からするとものすごいストレスですよね。
年にたった数回のことでも耐えられないくらいしんどく感じる人もいると思います。

基本的にはスルーして受け流すのがおすすめですが、強気な姿勢でサラッと言い返すのもありだと思いますよ。
気の弱いお嫁さんには余計に当たりがキツくなることもありますからね。

旦那はフォローしてくれそうか、行かないというのは可能か、など、状況を冷静に整理してみるのも良いと思います。
なにも堪え忍ぶだけが嫁の努めというわけではありませんよ。
状況が改善するよう、少し行動を起こしてみても良いのではないでしょうか。

関連記事→義実家へ帰省したくない!夫だけではダメ?断り方のおすすめとは

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。