twitterのリストは非公開でも通知が行くのか?相手にわかる可能性は?


twitterのリストを非公開で作成した場合、通知で相手にばれることなどはあるのでしょうか?
相手にわかるのはちょっと・・・、という場合もありますよね。

非公開リストの気になる仕組みについてまとめてみました!
相手にはバレずにこっそりリストに入れたい方は1度目を通して見て下さい。

公開アカウントや鍵付きのアカウントの場合など、さまざまなケースについて触れているので参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

twitterのリストは非公開でも通知されるのか?

twitterのリスト機能といえば、フォローしているしていないに関わらず好きな人のツイートを追うことが出来るので便利ですよね。
しかし中には「相手の方にはリストに入れていることがバレたくない」、というようなケースもあるかと思います。

このような場合「非公開リスト」の活用を考えると思うのですが、これはどのような場合でも相手の方に通知が行くことはないのでしょうか?

基本的には非公開リストである以上相手の方に通知はいきません。
これは自分のアカウントが鍵付きでも公開でも関係ありませんね。

ですから基本的にはリスト作成時に「非公開」のチェックをONにしておけば相手に知られることはないのです。

通知以外に気になるポイントといえば、相手の方のプロフィールから確認出来るリストの表示ですね。

相手の方のプロフィール

歯車アイコン

リストを表示

で、その人の「登録しているリスト」と「追加されているリスト」を確認することが出来ます。

ここで気になるのは自分が非公開リストに入れた相手の「追加されているリスト」の欄に、自分のリストが載っていないかどうかということです。
ここに載ってしまうと相手の方はもちろん、第三者にもリストに入れたことがばれてしまいますからね。

ですが非公開リストである以上ここにも表示されることはありません
つまり最初から非公開リストで作成した場合、基本的には相手にばれる可能性はないと言って良いでしょう。

twitterのリストを非公開にしても相手にわかるようなことはあるのか?

twitterの非公開リストは基本的には相手にわかるようなことはありません。
相手から見えたり通知されてしまうと非公開である意味がありませんからね。

ではもし何かの拍子に手がつかえて公開リストになってしまった、などの場合はどうなのでしょうか。
このような場合非公開リストに入れていた方に通知が行ってしまったりするのでしょうか?

意図的である、ないに関わらず、リストの設定が「非公開→公開」に変わってしまった場合について確認しておきましょう。

スポンサーリンク

まず通知が行くか行かないかという点ですが、これに関しては行きません。
あらかじめリストに入れておいた方に、リストが公開になった瞬間に通知が行くというようなことはありえません。

あくまでも通知が行くのは「公開リストに相手の方を入れた時」です。
「すでに入れてあった場合」には通知はいかないので大丈夫ですよ。

ですが相手に自分がリストに入れていることがバレないか、というとそうではありません。
相手の方の「追加されているリスト」の欄には公開にした瞬間から表示されるようになります。

つまり相手の方がそこを見ればすぐに認識出来てしまうということですね。
ちなみにこれは自分が鍵付きのアカウントであっても表示されてしまいます。

自分が鍵付きである以上、相手の方からのフォローを許可していない限り、自分のツイートを見られることはありません。
しかし「鍵付きのアカウントの方が自分をリストに入れている」ということは相手の方に認識されるので嫌な方は注意しましょう。

もし手違いで一瞬だけ公開になってしまった、というのなら、すぐに非公開にしてしまえば相手の方にはバレない可能性も高いです。
そんなにずっとリスト表示を確認している方は少ないでしょうから。

いずれにせよ非公開から公開にしてしまうと通知こそ行かないものの、バレてしまうリスクはあります。
絶対にバレたくないという方は、うっかり設定変更部分につかえたりしないよう気をつけて下さい。

twitterのリストを非公開にしていてばれるようなことはあるのか?

twitterのリストに関しては、非公開で作成したリストに相手の方を入れたらその後「ツイートが減った」、「鍵を付けられた」などの理由で、「リストに入れたことがバレているのでは?」と心配になることもあるようです。
確かに自分がこっそりリストに入れた後にそのようなことが起こると少々不安になりますね。

しかしながらこのようなケースは偶然、または何らかの他の理由によるものである可能性が高いです。

実際私は自分がリストを作成する際、複数のアカウントを使って1人でいろんなパターンを試しました。
非公開リストにフォロー外の方を入れて相手に通知されてしまったら?恥ずかしいしどう思われるだろう?などの不安からの事前下調べです。
いや、今思うと心配しすぎな気もするんですけどね。

ですが結果的に自分が鍵垢である、ないに関わらず非公開リストで通知が行ってしまうようなことはありませんでした。
うっかり公開にしてしまわない限りバレるようなことはないでしょう。

最初から非公開でリストを作成、その後設定の変更は行わない。
これだけで相手の方にバレずにリストに入れてツイートを追うことが出来ます。

便利な機能ですのでぜひ活用してみて下さい。

まとめ

twitterのリスト機能は通知などの仕組みが少々分からない場合もありますよね。
基本的に非公開リストは第三者の目を気にせず活用出来ると考えて良いのではないでしょうか。

目的に合わせて使用してみて下さい。

関連記事→ツイッターの非公開リストの作り方!確認のしかたや編集方法も

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。