ハロウィンのコスプレで体型隠しも!ぽっちゃりでも仮装しつつ体型カバーは出来る!


10月といえばハロウィンですよね。
コスプレをして楽しむ方もたくさんいらっしゃると思います。

ですが自分のスタイルに自信がないとなんだか思いっきり楽しめないなんてこともあるかもしれませんね。
そんな時は少しでもスタイルが良く見えるよう工夫しましょう。

ぽっちゃり体型で悩んでいる女性向けに、体型カバーのコツをまとめてみました。
せっかくですから体型を気にせず思いっきりハロウィンを楽しみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンのコスプレで考えられる体型隠しの手段とは?

ハロウィンの時に役立つ体型カバーの方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
いくつか考えられますので順番にご紹介していきますね。

体型カバーの方法として1番簡単なのは、やはりスッポリ隠してしまうことです。

上半身が気になるのであればマントのついているようなコスプレを選んでみたり、下半身が気になる人はロングスカートタイプのものを選んで隠してみたり。
もちろん両方隠してしまうような緩いシルエットのものを選ぶのもありです。

露出度の高いものというのはどうしてもスタイルが目立ってしまいますし、
まだコスプレを決めていないのであればこういったものを選ぶと良いかもしれません。

また、色も白のような膨張色ではなく、暗めのものを選ぶほうが体型カバーに繋がると思いますよ。
より体型の気になる部分に黒のような収縮色を持ってくると効果的です。

ただこれだと、したいコスプレが出来ないということがあるかと思います。
せっかくコスプレをするのだから、多少露出が多くても、好みのものを着たいという気持ちもあるかもしれませんよね。

そういった場合でも可能な体型カバーの方法はないのでしょうか?
確認していきましょう。

ハロウィンのコスプレでぽっちゃり体型の人が重要視することは?

ハロウィンのコスプレで少しでもスタイルを良く見せる方法とはなんでしょうか?
隠す、というのも確かに有効な手段ではありますが、実はその逆もおすすめなのです。

体型に自信がないから隠したいという気持ちはよく分かるのですが、隠すことによって余計に太って見えてしまう場合もあるんですね。

スポンサーリンク

つまり中途半端にダボダボなサイズ感のコスプレを着るのなら、いっそ身体にフィットするサイズ感のもののほうが良い場合もあります。
普段の服装でもそうですが、自分にピッタリなサイズの服というのはスタイルが良く見えるのです。

ですから好きなコスプレを楽しみたい場合は、そのサイズ選びを大事にして下さい
太っているから大きめのほうが良いかなぁ、など思わずにピッタリのものを選びましょうね。

そしてその自分にピッタリなサイズの衣装を用意した上で、さらに小技を効かせてスタイルアップを図っていきます。
急に魔法みたいに痩せてスタイルが良くなることは無理でも、ちょっとの工夫でスタイルを良く見せることは可能ですよ。

ではその方法として一体どんなものがあげられるのでしょう。
一緒に見ていきましょう。

ハロウィンの仮装で体型カバー出来る工夫とは?

ハロウィンでコスプレをする際、どのようなことに気を配ればスタイルアップが図れるでしょうか?

まず考えられるのは靴選びです。
同じ体重でも身長が高く見えるだけでずいぶんと違ってきます。

ヒールの高い靴を選べばその分脚が長く見えますしスタイルアップ効果は抜群です。
ですから可能であれば足元は高さの出る物を選ぶと良いですよ。

あとは上半身と下半身、それぞれスタイルを良く見せる工夫を見ていきましょう。

まずは上半身からです。
お腹周りが気になるという方はコルセット、または補整下着のようなものを使用される方もいます。
これらを使えば実際の体重は変わらなくてもスッキリと見えるのは確かですよね。

また、同時に胸元を盛るのも1つの手です。
胸はあるのにウエストは細いとなればスタイルは良く見えますよね。

コスプレ次第という所もありますが、衣装の下にこっそりこのような工夫を仕込んでみても良いのではないでしょうか。

また、下半身の場合はスカート丈の調整などでずいぶん見え方が変わってきます。

ミニスカートの場合であれば、中にアンダースカートドロワーズを履いてみてはいかがですか?
太ももが気になる方には特におすすめです。

実際鏡の前でいろいろ試してみて、1番細く見える着方をするのが良いのではないでしょうか。
脚の見えている範囲などで見栄えはずいぶん変わりますよ。

スカートだけでなくズボンの場合も、ハイウエストのようにすれば足長効果でスタイルアップが図れるのでおすすめです。

まとめ

体型にコンプレックスがあるからハロウィンを楽しめないというのは勿体ないです。
たとえ同じ衣装でも、少しの工夫で見栄えはだいぶ変わってきますよ。

自分の中で納得のいく工夫をして、思いっきりハロウィンを楽しんで下さいね。

関連記事→ハロウィンに関する記事一覧

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。