敬老の日のメッセージカードを老人ホームなど施設職員が用意する場合のおすすめ


老人ホームやデイサービスなど介護施設の職員であれば、敬老の日にメッセージカードを用意することもありますよね。
しかしいざメッセージカードを作ろうとすると、どんな内容を書けば良いのか?デザインは?気をつけることは?などさまざまな疑問も湧いてくるかも知れません。

介護施設を利用されている方全員に配るとするならば、やはりそれなりに内容にも気を遣わなくてはいけません。
せっかくの敬老の日という機会ですし、どうせなら皆さんに気持ちよく受け取ってもらいたいですよね。

ではそのような場合、どのようなメッセージカードが理想的なのでしょうか?
ポイントやおすすめの方法などをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

敬老の日のメッセージカードを老人ホームで用意する場合のポイント

敬老の日のメッセージカードを用意する際のポイントとはなんでしょうか?
内容ももちろん大事なのですが、高齢者の方に向けたプレゼントですから、まずその書き方に気をつけましょう。

まずは字の大きさです。
中には視力の良い方もいらっしゃるかと思いますが、全員に配るということを意識した場合、基本的に文字は大きく書いた方が良いでしょう。
せっかくの心のこもったメッセージも読めなくては意味がありませんからね。

また、文章も長すぎないもののほうがおすすめですよ。
短めのシンプルな文章のほうが伝わりやすい傾向にあります。

それにメッセージカードの大きさにもよりますが、文字を大きくすれば必然的に長すぎる文章を書くのは難しくなりますからね。

施設で利用者向けにメッセージカードを作る場合は、大きな字でシンプルな文章を書くことを心がけましょう。
読みやすく伝わりやすいものを目指して下さいね。

敬老の日のメッセージカードを手作りする時デイザービスの立場からおすすめの内容は?

敬老の日のメッセージカードを施設職員が用意する場合、1番の悩みはやはりその内容ではないかと思います。

しかしながら難しく考えることはありません。
最初にお話しましたが、短くてシンプルな文章で十分なのです。
むしろ高齢者の方には長すぎる文章よりよほど伝わりやすいですから。

まず最初に「敬老の日、ご長寿おめでとうございます。」などのお祝いの言葉を一言入れましょう。
ご長寿、という言葉は合わない場合もあるのでおめでとうございますだけの方が良いかも知れません。

その後、簡単なメッセージを1つ添えます。
いつまでもお元気でいて下さい」、「楽しい毎日をお過ごし下さい」、こういった言葉がおすすめです。
少し長めの文章にしたいなら、「いつまでも明るく楽しい日々をお過ごし下さい。元気で長生きして下さいね。」のようにしてみてはいかがでしょうか。
小さめのメッセージカードならこのぐらいでも十分かと思います。

スポンサーリンク

内容を一人一人変えていくのか、同じにするのかは自由です。
それぞれ施設の規模や職員の人数も違いますからね。

おすすめなのはこのように初めの定型文だけ決めておいて、後で職員の方がそれぞれの方に対して一言ずつメッセージを書き足していく形式です。
より気持ちのこもっているように感じられますし、施設利用者の方も喜ばれるのではないでしょうか。

敬老の日のメッセージカードを施設側が用意する場合に出来る工夫

敬老の日のメッセージカードにはどのような工夫ができるのでしょうか?
より一層喜んでもらえるような工夫があると嬉しいですね。

まずカード自体のデザインです。
シンプルなものや柄物などさまざまなものが売られていますが、押し花カードのようなものを使うとそれだけでグッと華やかな仕上がりになります。
生花はもらっても施設に入居されている場合手入れが難しい場合もありますが、押し花カードならそのような心配はいりません。
香り付きのカードなどもおすすめなので検討してみて下さい。

また、施設利用者の方のご家族にメッセージを書いて頂くという方法もあります。
身内の方からの言葉というのはやはり特別ですからね。
事前にご家族の方に協力して頂き準備しておくのもありだと思いますよ。

まとめ

施設利用者の方に向けてメッセージカードを用意するとなると、さまざまな悩みが出てくるかもしれません。
それぞれ環境や状況も違いますし、メッセージ内容にも気を遣いますよね。

この記事にまとめたようなことを参考にして、敬老の日を楽しく過ごしてもらえるようなメッセージカード作りに取り組んでみて下さい。
気持ちが伝わればきっと喜んで下さると思いますよ。

メッセージカードと似たようなもので、感謝状などもありますから、良かったらこちらも参考にしてみて下さい→『敬老会での感謝状の文面と作り方

スポンサーリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。