雨に濡れた靴の乾かし方!簡単な方法や濡れない雨対策グッズも!


雨に濡れた靴の乾かし方にはどのような方法があるでしょう?
家にある物で簡単に乾かす方法や、おすすめアイテムもまとめてみました。

靴が濡れるのを防ぐ雨対策グッズも合わせて紹介してみたので、良かったら参考にして下さいね。
梅雨なんかだと雨の日は多いですし、出来れば濡れないに越したことはないと思います。笑

雨で靴が濡れる憂鬱なお悩みを解決しましょう!

スポンサーリンク

雨に濡れた靴の乾かし方!家にある物で出来る方法は?

雨に濡れた靴はどのように乾かすと良いでしょう?
急に雨に降られたりして靴がびっしょりなんてこともありますよね。

そのまま放置、というわけにもいきませんし、出来れば家にある物でパパッと乾かせたらなぁと思う方は多いことでしょう。

定番というかベターな方法としては、新聞紙を丸めて靴に入れておく方法ですね。
この場合こまめに新聞紙を取り替えると尚良いです。
特に最初の方はわりとすぐに新聞紙が濡れてしまうと思うので、気付いたら新しいものと取り替えるのがおすすめですよ。

また、新聞紙が家にない!という方は、キッチンペーパーでも代用出来ます。
ちなみに水を吸うものでも、ティッシュやトイレットペーパーなどは紙が靴に引っ付いてしまうのでおすすめ出来ません。

時間がそこそこあるならば、新聞紙などを丸めて入れた状態で、日陰で立てかけて放置しておくのが乾かし方としては良いと思います。
ただ急ぐ場合はそれだけだと中々乾きませんよね。

そんな時は扇風機やドライヤーを活用して風を送って下さい。
これだけでずいぶん早く乾きますからね。
ただしドライヤーは靴を傷める原因にもなりかねませんので、あまり至近距離で熱風を当てないよう注意して下さいね。

家にあるものだけでも、靴は十分乾かすことが出来ます。
乾かさず放置すると嫌な臭いが発生したりしますので、速やかに乾かすようにしましょう。

靴を乾かすのに簡単手間いらずな方法とは?おすすめアイテムはこれ!

靴を乾かすのに簡単で手間のかからない方法は何でしょう?
新聞紙を何回も取り替えたり、なんだか面倒くさいなぁと思うかもしれませんね。

雨で靴が濡れてしまうことが頻繁にあるのなら、いっそ『靴乾燥機』を1つ持っていたほうが便利かもしれません。
2,000円くらいで十分購入可能なので、検討してみてはいかがでしょうか?
安い物では1,000円前後のものもありましたよ。

そこまではちょっとなぁ、と言う方は、靴乾燥剤(除湿剤)』なんかもおすすめです。
水分を吸い取る効果の他、消臭効果もあったりするのが靴専用の乾燥剤の優秀なポイントですね。
使い方は靴に入れて放置しておくだけで簡単ですし、何度も繰り返し使えたりするのでコスパがいいのもありがたいですね。

靴乾燥剤に関しては1,000円以内で買えるものが多いですが、実はこれ100均にもあります。
100円だと雨の日用に買っておいてもいいかなぁという気になりますよね。笑

100円ショップによっては靴専用の乾燥剤はないかもしれませんが、私は食品用の乾燥剤で代用したこともあります。
靴専用のものに比べてサイズが小さいのですが、効果としては十分でしたね。
ちなみに食品用は小さいので片足に5個くらい乾燥剤を入れて利用しました。
使い捨てじゃないのでためらいなく使えます。笑

雨で靴が濡れることが度々あるのなら、靴乾燥機(シューズドライヤー)や乾燥剤・除湿剤などを家に常備してみてはどうでしょうか?
無駄な手間も要りませんし乾かす時間も削減出来るので助かりますよ。
参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク

雨対策グッズ 靴を濡らさないためには何が出来る?

靴用の雨対策グッズにはどのようなものがあるのでしょう?
乾かす方法も知っていて損はありませんが、そもそも濡れないのが一番ですよね。笑

ベターなものとしては防水スプレーでしょうか?
スニーカーでも水を弾いてくれますし、そこそこの効果は期待できます。

ただ効果は長時間持続するものではないので、家を出る前にスプレーするのを習慣付けた方が良いかもしれませんね。
たとえ雨でなくても汚れを防止する効果も期待出来るので無駄ということはありませんよ。

どうしても濡らしたくない、濡れたくないという場合、防水スプレーでは心許ないかもしれません。
その場合、>シューズカバーも併用するのが良いかもしれませんね。
近年ではデザイン性に優れたものも販売されています。

防水性能をあげるため、シューズをビニール袋で覆い、その上からシューズカバーを被せる方法などもあります。
ビニール袋はシューズカバーからは見えませんので、見栄えはそこまで気になりませんよ。
ただこれは本当に濡れたくない時用という感じはありますね。笑

いちいち手間がかかるのが嫌な人は、やはりレインシューズレインブーツを購入してしまうのが一番でしょう。
名の知れたブランドから防水仕様や耐水仕様のスニーカーなどが販売されています。

パッと見普通のスニーカーやパンプス、ブーツなどと変わらないデザインのものも多くありますので、雨の日用に1足購入しておいても良いと思います。
日により履き分けると濡れて乾かさないといけないことも減るのではないでしょうか?
ひとつの方法として検討してみて下さいね。

雨で濡れた靴の対処法まとめ

雨で靴が濡れることと言うのは年間を通してそこそこありますよね。
特に梅雨時なんかは憂鬱になる人も多いと思います。

便利なグッズなども使いながら、簡単にパパッと靴を乾かしてしまいましょう。
濡れた靴をそのままにしておくと臭いの原因にもなりますので放置は厳禁ですよ。

関連記事→靴洗いはコインランドリーで可能?洗濯機を利用したおすすめの方法とは

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。