母の日の義母への渡し方は直接と配送どちらがいい?当日以外はありか?


母の日のプレゼントは義母へどのように渡すのが良いでしょう?
直接手渡しか配送するか、渡し方で悩む場合もありますよね。

配送なら当日に可能だけど直接なら当日は厳しいなんてケースもあるでしょうし、悩ましいところです。
そもそも当日以外というのはどうなのでしょうか?

義理の母へ宛ててということで、非常に神経を使う部分でもあると思います。
このような場合におすすめの方法をまとめてみました。
悩んでいるお嫁さん、良かったら参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

母の日の義母への渡し方!直接手渡しする方が良い?

母の日の義母への渡し方は、直接の方が良いのでしょうか?
仕事があったり距離が遠かったりして当日に直接手渡しというのが厳しい場合もありますよね。

ただ、直接と配送どちらがいい?という2択でしたら、出来れば直接の方が良いでしょう。
自分に置き換えてみても分かると思いますが、顔を見て直接祝って貰えるのって嬉しいですよね。
お義母さんもそれは同じだと思います。

簡単には会えない距離など、どうしようもない場合は配送でも良いと思いますが、その場合電話の一本でも入れておくのが良いですね。
直接は渡せないけど送らせて貰いました、という旨とともに感謝の気持ちを伝えておきましょう。
連絡のあるなしでは気持ちの伝わり方も違いますし、万が一当日に届かなかった場合の保険にもなります。

というのも配送に関しては、日付指定等行っていても当日に届かないこともありえます。
母の日に配送を利用する人は多いでしょうし、もしかしたらお義母さんが不在で受け取れないなんてこともあるかもしれません。

「忘れられているんだ」とお義母さんに感じさせるのは一番避けたい展開です。
当日に電話さえ入れていればそのような事態は避けられますよね。

直接がどうしても厳しいようなら配送でも構わないと思いますが、電話等で気持ちだけでも直接伝えるのがおすすめですよ。

母の日のプレゼントを配送で済ませてもいいの?会える距離でこれはNG?

母の日のプレゼントを配送で済ませる場合、何かしら理由がありますよね。
遠くて簡単に会える距離ではないような仕方がないケース以外にも、おそらく配送を考えるパターンはあると思います。

距離的には当日渡しに行こうと思えば可能なのだけど、仕事もあるし正直面倒くさい。
中には義母が苦手なので出来れば直接会いたくはないなんて方もいるかもしれません。

しかしこのような場合、頑張れば直接渡すことが可能なだけに悩んでしまいますよね。
いっそ絶対に直接は無理な理由があればいいのに、と思うようなこともあるでしょう。

まず考えられる選択肢としては、自分以外が直接渡すことは可能かどうか、です。
旦那さんと一緒に、もしくは旦那さんに一人で行ってもらうようなことは出来ないでしょうか?

これは旦那さんの性格や仕事事情などにより厳しいパターンも多いでしょうが、義母だって実の息子からもらえるなら嬉しいに決まってます。
可能であれば夫に持っていってもらうことも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

頼みの夫が無理となると、やはり自分で直接か配送かの2択になってきますよね。
この場合出来れば直接の方が良いのは確かです。

基本的にプレゼントを直接渡されて怒る人ってあまりいませんよね?
配送の場合はまれに義母の機嫌を損ねてしまうケースもあるので、そのリスクは出来れば無い方が良いでしょう。
一時の我慢というか努力で円満に母の日を終えられるなら、行きたくなくても直接手渡しに行く方が個人的にはおすすめですね。

ただ、そんなあれこれは分かっていても、「自分一人で義理の母に直接渡しに行くのは嫌」という感情が勝る人もいると思います。
義母との関係は人それぞれですし、そんな時は配送ももちろんありですよ。

この場合、可能であれば事前にお電話で配送した旨を伝えておきましょう。
自分で電話するのさえ嫌なら旦那に頼めばOKです。
実の息子の声が聞けるのはお義母さんも嬉しいはずですから。

当日にどうしても直接渡すのが厳しかったので配送にさせてもらった、と、事前に連絡を入れておくだけで印象はずいぶん違います。
特に連絡はないけれど、配送で母の日にプレゼントが届いただけだとなんだか味気ないですよね。
連絡一本で、「会いたくないから配送にしたんだ」と思われるリスクを下げることが出来ます。

会える距離でも配送を利用する場合は、事前連絡くらいは入れておいて下さいね。
少しの工夫で受け取り手の気持ちは大きく変わりますよ。

スポンサーリンク

母の日で当日以外に贈り物をするのはあり?都合がつかない場合は?

母の日で当日以外に贈り物をするのはOKでしょうか?
やむを得ない事情で、当日に渡すのが厳しい場合もあると思います。
また、当日以外なら旦那と一緒に直接手渡しに行くことが出来る、なんてこともあるかもしれませんね。

当日以外に母の日の贈り物をするという方も一定数いるので、それ自体は問題ないと思われます。
ただどちらかといえば母の日より早く」渡すのがおすすめですね。
というのも母の日を忘れていて慌てて用意したんだ、というような誤解を招かないためでもあります。

では、「当日以外で直接手渡しする」か、「当日に配送する」か、の2択ならどちらが良いのでしょう?
これも中々迷ってしまうケースですよね。

個人的には「当日以外(出来れば早め)に直接手渡しし、当日に電話も入れる」のがおすすめです。

当日に届くというのも大事なことなのかもしれませんが、やはり直接もらう嬉しさには及ばないものがあると思います。
とはいえ、当日に何もないというのもなんだか寂しいものですよね。

母の日当日に電話をし、「先日プレゼントは渡してしまいましたが、やはり母の日にも感謝を伝えたかったので」と連絡すれば、そのような寂しさも感じずにすむかと。
むしろ2度も祝って貰える形で喜びも増すことと思います。

そこまでする必要はないのでは?と思うかもしれませんが、より丁寧な方が印象は良いですし、わざわざ当日にも祝ってくれる嫁、のほうが可愛げがあると思いませんか?
もちろん自由ではあるのですが、当日以外に渡す場合、当日も喜んでもらえる何かがあった方がいいかな?と思いますね。
良かったら参考にしてみて下さい。

母の日の義母への渡し方まとめ

母の日に義母へ贈り物をする場合、直接と配送なら前者の方がおすすめです。
ただ、配送がダメというわけではないので、その場合は配送でも寂しくないし誤解を招かない配慮をするのも大事かなと思います。

当日以外に渡すケースも含めてですが、お義母さんにより喜んでもらえる工夫をするというのは素敵な心配りですよね。
迷った時は義母の立場に立ってどうしようか考えてみて下さい。

思った以上に母の日のプレゼントを楽しみにしてくれているかもしれませんよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。