父の日のメッセージの書き方をご紹介。文例や手作りならではの工夫も


父の日なのでお父さんに喜んでもらいたい。

そのような気持ちからプレゼントだけでなくメッセージを添える方も
多いのではないでしょうか。

ですがいざ書こうとすると意外と難しかったりしますよね。
普段はなかなかこのように気持ちを伝える機会がないせいかもしれません。

そこで手が止まってしまい悩んでいる方の参考になればと
父の日のメッセージについてまとめてみました。

せっかくですからお父さんに喜んでもらえるようなステキなメッセージを
書けるよう考えていきましょう。

スポンサーリンク

父の日のメッセージの書き方は?

では実際書き方としてどのようなものがあるでしょう。

お店に行けばすでに言葉が入っているメッセージカードなんかも
簡単に手に入ります。

ですがやはりお父さんも手書きで気持ちを込めてくれたオリジナルメッセージ
受け取るほうが嬉しいですよね。

しかしその書き方も悩みどころのひとつ。
例え同じメッセージカードを使ったとしても出来上がるものは千差万別です。

自分の好みを表現して自分らしさを出すも良いですし
父の雰囲気に合わせて大人っぽくまとめるもありですよね。

シンプルに黒のボールペンで文字を書くだけが手段ではありません。
カラーペンなどを用いれば彩りのある華やかな文章になるでしょうし、
筆ペンを使用すればグッと大人っぽい仕上がりになるでしょう。

また、いつもの話し言葉ではなく敬語にしてみるのもありかもしれません。
なんだか改まって気持ちを伝えている感じがしますよね。

なんとなくメッセージの内容にばかり意識がいきがちですが、
せっかくですから書き方にもこだわって見て下さいね。

父の日のメッセージで文例のおすすめは?

書き方にこだわることをおすすめしましたが何を書くか
決まらないことには始まりませんよね。

一体父の日のメッセージにはどのようなことを書くのが良いのでしょう

スポンサーリンク

まず思いつくのは日頃の感謝を伝える言葉ですかね。
「いつもありがとう」といったシンプルな一言でも喜んでくれるとは思います。

ですがそれに具体的なエピソードを添えてみてもいいかもしれませんね。
自分が父に教えてもらったこと、助けてもらったことなどありませんか。

「こんなことに感謝している」、「こんな時に支えられた」、
自分と父との思い出の記憶に感謝の気持ちが添えられていれば、
特別なメッセージになるのではないでしょうか。

また、プレゼントと一緒に渡すのであれば、そのプレゼントに込めた気持ち
メッセージにしてみてはどうでしょうか。

そのプレゼントを選んだのには理由がありますよね?
その思いを文字にしてみれば良いのではないでしょうか。
こんなことを思って選んでくれたのか、という気持ちが伝われば
父としてはとても嬉しいのではないかと思います。

とはいえやはりこのようなものは恥ずかしくて無理だというならば
短めの一言でも十分でしょう。
もしくは英語にしてみるなんていうのもありかもしれませんね。

自分のことを思ってメッセージを添えてくれたということが
なにより喜ばしいことだと思うので、出来る範囲で素直な気持ちを
伝えてみてはいかがでしょうか。

父の日のメッセージに手作りならではの工夫をしよう

もし手書きのメッセージカードなら一工夫加えてみるのはどうでしょうか。

メッセージの内容や書き方もさることながら、それ以外にも出来る工夫はあります。

例えば写真入りのメッセージカードにしてみるのはいかがでしょう。
自分がすでに実家を出ていてめったに会えないなどという場合や
結婚していてご家族がいる、父から見てお孫さんがいるというなら
尚更このようなものが喜ばれるのではないでしょうか。

また、イラストが得意なら写真ではなく似顔絵なんかを
描いてみるのも良いかも知れませんね。

このような工夫が恥ずかしいなら見た目のアレンジはいかがですか?
マスキングテープで縁取ってみたり、メッセージを書く紙次第では
折り紙のようにしてお花を模してみたりすることも出来るかもしれません。

お花を模した形にする場合、花言葉にこだわってみるとよいかと思います。
照れくさい方なんかにはこっそりとメッセージを伝える手段としておすすめですよ。

まとめ

父の日はやはり特別な日です。

気持ちを伝えるのは恥ずかしいかもしれませんが、ぜひ出来る範囲で
思いを伝えて見て下さいね。
きっと喜んでくれると思いますよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。