窓の大掃除のやり方 窓ふき便利グッズと窓ガラス掃除のコツ


窓の大掃除のやり方として、どのようにすればしっかりと綺麗に仕上げることが出来るのでしょうか?
お家にあるもので出来る簡単な方法をご紹介します。

また、掃除が格段に楽になる窓拭き便利グッズや窓ガラス掃除のコツもまとめてみました。
ポイントを押さえるだけで嫌なガラスの汚れもしっかりと落とすことが出来ますよ。

掃除後のガラス窓の仕上がりが綺麗だと気分も良いですよね♪
ぜひお掃除する前に目を通してみて下さい^^

スポンサーリンク

窓の大掃除のやり方は?家にあるもので簡単に可能?

窓の大掃除のやり方はどうするのが良いでしょうか?
出来るだけ簡単に、家にあるもので綺麗に出来ると嬉しいですよね。

ガラスマジックリンのような窓ガラス掃除用の洗剤があるならそれを活用するのが良いですが、専用の物がない場合わざわざ買わなくても大丈夫です。
おそらく多くの家庭で台所に常備されているでしょう、食器用洗剤』で十分ですよ!
他にはアルコール除菌スプレーも代用として使えますね。

スプレータイプなら窓にシュッシュッとしてもいいですし、バケツに水をためそこに洗剤を入れて雑巾を浸してもいいですね。
とにかくまずは洗剤を使い汚れをしっかり落としていきます。
雑巾がベターかとは思いますが、クロス、台所用のスポンジなんかでも可ですので、使いやすいものをご使用下さい。

ちなみにこの時濡らしすぎかな?と思うくらい水分を含んでいる状態のほうがおすすめですよ。
固く絞りすぎた雑巾などでは汚れが落としにくいものと思います。

汚れを落としたらその部分から乾いた雑巾で水気を拭き取っていきましょう。
このときのポイントは『水を絞った雑巾ではなく、カラカラに乾いている雑巾を使用すること』です。

しっかり乾いていない雑巾を使用すると跡残りの原因になります。
せっかく掃除したのに雑巾の繊維が窓ガラスに残ってしまったりなんていうことも避けたいですよね。
ですから窓掃除の場合は、「水拭き用」と「乾拭き用」の2種類を雑巾を用意しておきましょう。
そして汚れを落とす(水拭き用)→拭く(乾拭き用)が基本になりますよ。

ではここからはよりお掃除が楽になるアイテムや綺麗に仕上げるポイントを確認していきましょう。
知っていて損はないものですので、お掃除前に確認しておくのがおすすめです^^

大掃除の窓拭き便利グッズ 跡が残らないようにするには?

大掃除の窓拭き便利グッズにはどのようなものがあるでしょう?
窓のお掃除って綺麗に仕上げるのが難しかったりするんですよね。
跡残りに悩まされる人も多いのではないでしょうか?

そんな窓のお掃除にもってこいの便利アイテムが「スクイージー」です。
ガラス専門の掃除用具なのですが、ホームセンターや100均などで簡単に購入できます。
水切りワイパーというかハンドワイパーのようなものと言ったら少しはイメージしやすいでしょうか?
とにかくこの「スクイージー」、本当に優れものなので持っていて損はないですよ。

使い方は簡単で、洗剤などで汚れを浮かせた後このスクイージーで水を切っていきます。
それだけで跡も残らず綺麗な仕上がりにすることが出来ますよ。
ゴムについた泡などは必ずその都度拭き取って下さいね。

ちなみに雑巾やタオルなどでの乾拭きをガラス面にする必要はありませんよ。
縁の部分だけカラカラに乾いたタオル(または雑巾)で往復させるように拭いておくと良いかもしれませんね。
このときタオルが濡れていると拭き跡が付くのでそこだけご注意下さい。

窓掃除の便利アイテムは断トツでこの「スクイージー」がおすすめなのですが、汚れが落ちにくい場合のグッズを紹介しておきますね。

落ちにくい汚れに関しては、「メラミンスポンジ」を使用するのがおすすめです。
洗剤なしの水だけでもサッと汚れが落とせるかもしれません。

ただ普通のガラスなら良いですが、コーティングされている用なガラスへの使用はNGです。
特殊な加工は削り落としてしまう可能性がありますからね。
ですが窓ガラス以外の洗剤を使いたくない場所でも大活躍してくれるアイテムなので、持っておいても良いアイテムだと思います。

ちなみに私個人としましては、お掃除には『激落ちくん』シリーズを愛用しています。
スポンジからスプレーまでかなり優秀ですからおすすめですよ。
良ければご参考に^^

スポンサーリンク

大掃除 窓ガラスのコツは?大事なポイントはどこ?

大掃除で窓ガラスを綺麗にするコツとは何でしょう?
一体大事なポイントがどこなのか気になりますよね。

洗剤とか、汚れを落とすアイテムが重要なんじゃないの?と考える人も多いと思うのですが、大事なのは『から拭き』です。
どれだけ頑張って汚れを落とそうとも、最後にこれがしっかりと出来ていないと綺麗な仕上がりには出来ません。
窓の掃除では水跡が残る残らないで仕上がりが雲泥の差になりますからね。

ピカピカの窓にしたいなら、乾拭きする際に手を抜かないのが大事ですよ。
もちろん使用するのもカラカラに乾いた雑巾やタオルにして下さい。

おすすめのコツというか方法として、『片手で水拭きしてもう片方の手で乾拭きしていく』というものがあります。
これはプロの方などでも実践されていたりする方法ですね。
実際汚れを落とした側から綺麗に乾拭きしていくというのが、特別なグッズを使わないなら一番綺麗に仕上がる方法だと思いますよ。

ちなみに洗剤が残っていたりするのでは?というのが気になってしまうような方は、洗剤の代わりに「電解水」を使用するのがおすすめです。
ホームセンターやドラッグストアに売っていますよ。

私も洗剤使いたくないな~、面倒臭いな~、なんて思ったときにはこの子↓に助けてもらってます。

大掃除ももちろんなのですが、気が向いた時ににこの電解水をシュッシュッとして、サッと拭いておくだけでもずいぶん綺麗な窓が保たれます。
日頃から使えるものとして非常に優秀ですよ。
参考にしてみて下さい^^

大掃除~ガラス窓~まとめ

ガラス窓の大掃除方法について参考になったでしょうか?
なんというか、掃除ってちょっとのことが手間だったりしますよね。(それゆえ面倒になるという)
自分の中でこのやり方が簡単でいい!と思える方法を身につけてしまうとどんな掃除でも楽だと思いますよ。

便利なグッズなどにも頼りつつ、自分に合ったお掃除方法を見つけてみて下さい。
少しでもお役に立てれば幸いです^^

その他大掃除の参考記事はこちら↓

大掃除の悩み事ってありますよね。 掃除の仕方が分からない、そもそもやる気が出ないなど。 そのようなことを解決するにはどうすれば良いのでし...
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。