クラゲはお盆に発生する?本当ならなぜ?理由と海水浴のポイント


クラゲがお盆になると発生する、増える、といった話はよく耳にしますよね。
実際のところどうなのでしょうか?
事実だとすればなぜ増えるのか、その理由も知りたいところです。

クラゲが出るならお盆やお盆明けの海水浴は大丈夫なのかも気になりますし、このような疑問についてまとめてみました。
クラゲ対策などのポイントも合わせてご紹介しています。

海に遊びに行く予定のある人などは良かったら参考にして下さいね^^

スポンサーリンク

クラゲはお盆から発生する?実際にこの時期に増えているの?

クラゲはお盆になると発生するなどとよく言われますが、実際に増えているのでしょうか?
海水浴の予定などある人は特に気になりますよね。

ただ、実際のところはというと、必ずしも増えているとは限らないようです。
比較的そのようなことが多いというのは事実なようですが、その年の気候や潮流、場所などにより変わってくるので一概には言えません。

そもそも“増えている”という風に言われますが、お盆前でもクラゲは海にいます
まだ小さく目に付きずらいためあまりいないように認識されているだけです。

クラゲも当然成長しますので、大きくなり人から見てもよく目に付くようになります。
その時期が丁度お盆過ぎくらいであることが多いので、このように言われることが多いのでしょうね。

また、クラゲがお盆になると出ると言うのは、子どもに宿題をさせるためだというお話もあります。
なんでももう夏休みも終わるのだから、海に遊びに行かせず宿題に取り組ませる意図があるのだとか。

確かに私も子どもの頃から「クラゲはお盆になると出るよ~」ということは言われていたので、こういう理由で言い始めた人がいても不思議ではないですね。

まぁいずれにせよクラゲはお盆から発生する、というよりは、お盆になるとよく目に付くようになることが多い、という方が正しそうですね。
ではクラゲはどのような条件だと増えるのでしょうか?
その理由も確認していきましょう。

お盆にクラゲはなぜ増えるのか?その理由とは

お盆にクラゲはなぜ増えるのでしょうか?
条件によるのでお盆から必ずしも増えるというわけではなさそうですが、そういったことが“多い”のにはやはり理由がありそうですよね。

実はクラゲというのは海水温が高くなると繁殖して増えるようになります。
地域毎に差はあれど、梅雨が明けて暑くなってくるとそれに伴い海水温も高くなります。

暑くなり海水温が高くなると同時に繁殖し、どんどん大きく成長する。
時期的に言うとそれがちょうどお盆、もしくはお盆過ぎくらいにあたることが多いのですね。

つまり梅雨明けが早く猛暑の年などはお盆前からクラゲが多いなんてこともありえるのです。
繁殖時期が早ければ、その分大きく成長して目に付くようになる時期も早いですからね。

逆に言えば冷夏の年などは海水温が低いですから繁殖が遅く、お盆明けでもあまりクラゲが見られないなんてこともあります。
梅雨明けが遅かった場合でも同様に時期がずれるケースがありますね。

このようにクラゲが増えるのには海水温が関係してきます。
お盆だから、というよりは、その年の梅雨明け時期などに注目したほうがクラゲの多い時期が正確に分かりそうですね。

まぁ実際に見て確認するほうが確かですが、海へ行く予定がある方は、このようなことも参考にしてみて下さい^^


スポンサーリンク

クラゲはお盆明けの海水浴では多い?海で遊んでも大丈夫?対策は?

クラゲはお盆明けになると比較的多く姿が見られるようになります。
このような場合、海に入っても大丈夫なのでしょうか?
迷うこともありますよね。

当然のことながらクラゲがいるので刺される可能性というのは少なからずあります。
ですから海水浴などが絶対にダメということはありませんが、できるだけ対策をしたうえで海に入る方がおすすめですね。

一番良い対策としては肌の露出を出来るだけ抑えること。
つまりクラゲ対策としてはウエットスーツの着用が効果的だと言えるでしょう。
ただお気に入りの水着で楽しみたい!ウエットスーツはちょっと・・・、という方も多いでしょうね。

そんな人はクラゲよけローションの使用を検討してみるのもありかと。
個人の感想としてはウエットスーツほどの安心感はありませんが、それでも何もしないよりマシかなと思います。
塗りすぎなのでは?というくらいベッタリ塗っていると、確かにクラゲに刺されない感じはしますからね。

後は海に入る時間帯も少し工夫すると良いかもしれません。
午前と午後でしたら午前のほうがおすすめですよ
午前というか出来れば朝早めの方がクラゲが少ないと思います。

午後になれば海水温が上がってきますし、クラゲも多く水面に浮上してきます。
これは、クラゲが好む植物プランクトンが光合成により海表面に多く湧いてくるからですね。

お盆明けでも海水浴は可能ですが、クラゲ対策や予防といったことは検討しておいたほうがいいでしょう。
行き先の海のクラゲ情報は事前に調べておくほうがおすすめですよ。

クラゲがお盆に増える理由まとめ

クラゲがお盆に増えると言われるのにはこのように理由があったのですね。
その年により差はあれど、お盆を1つの目安としておいても良さそうです。

クラゲが多くなってからの海水浴は、くれぐれも気をつけて下さいね。
出来るだけ刺されないよう対策をしておくほうがおすすめですよ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。